【ひとり旅の荷物】年間100泊旅するわたしが旅行にもっていくおすすめの洋服・靴・小物まとめ

f:id:gami_bookmark:20181026212606j:plain

ひとり旅の荷物、悩みますね。
持って行き過ぎると重くて大変、でも足りないと結局現地で買ったり。
そんなひとり旅に年間100泊は旅しているわたしが持って行っている洋服や靴、小物を今回はご紹介したいと思います。
キーワードは使い回せると、快適にです。

いろんな気温に対応できるインナーダウン(モンベル)

アウターです。
といいながら、インナーダウン。 わたしはモンベルのインナーダウンを愛用しています。
f:id:gami_bookmark:20181026205544j:plain

なるべく荷物を増やしたくない旅行にはこのインナーダウンを持っていっておくことでいろんな気温に対応できます。
インナーダウンって名前のとおり、インナーにもなりますが、アウターとして活用することも十分可能です。
アウターの下に仕込めば真冬でも大丈夫。
f:id:gami_bookmark:20181026205612j:plain

スウェットパーカーの上に着ればそこそこの寒さは大丈夫です。
肌寒いかな?と思うくらいですとロンTの上に羽織る感じできることもできます。

また、モンベルのインナーダウンはパッカブルなので、持ち運びもものすごく便利。
念のためでいいのでキャリーケースに入れておくことをオススメします。

くわしいレビューはこちら

軽くて丈夫な折りたたみ傘(モンベル:トレッキングアンブレラ)

雨予報が出てなくても旅行の際には必ず持っていく折りたたみ傘。
できれば軽いものの方がいいに決まってます。
ですが、すぐに壊れるのはイヤ。
そんなワガママを解決してくれるのが、こちらもアウトドアブランドのモンベルのトレッキングアンブレラです。

f:id:gami_bookmark:20191112123120j:plain

8本の骨でしっかりしていながら、薄い生地(ですがしっかり撥水)によりかなり軽くその重量は150g。
高性能の折りたたみ傘です。

f:id:gami_bookmark:20191112123157j:plain

モンベルのトレッキングアンブレラのレビューはこちら

ポケットがたくさんあるキューバシャツ(BARNS:バーンズ)

暑い季節に便利なキューバシャツ。
古着だとサイズが大きすぎることもあるのですが、日本のアメカジブランドであるBARNS バーンズのキューバシャツはシルエットを日本人に合わせてアップデートしているため合わせやすいです。

f:id:gami_bookmark:20190728092931j:plain

刺繍のつくりもとても丁寧で、シースルーになっています。
このキューバシャツ、ポケットが4つあるのが特徴です。
このポケットがとにかく便利なんですよね。
財布やスマホはもちろん、チケットや交通系ICカードなどを入れれるので手ぶらで出かけることができます。
旅先で、夜、飲みに行くときなんかにとても便利です。

BARNSのキューバシャツのレビューはこちら

オン・オフ使える革靴(Dr. Maritinなど)

旅行に持っていくならオン・オフ使える靴がいいですね。
できば一足でいろんなところに行けるようにしたい。
そんなときは黒い革靴が便利です。

わたしは主にドクターマーチンの3ホールを愛用しています。
f:id:gami_bookmark:20181026205704j:plain

仕事でも、プライベートでも使いまわしており、いろんなシチュエーションで履くことができますよ。
また、ソールが柔らかいラバーソールで、履き心地もよく歩きやすいです。
普通の革靴のように歩き疲れることはないでしょう。

ドクタマーチンの3ホールの他にビルケンシュトックのギルフォードという靴もオススメです。
これらの靴はとにかく、オンオフ使い回すことができます。

そんなオンオフ使い回せるオススメの靴はこちらにまとめてみました。

いろんな靴に使えてコスパの高いシューツリー(無印良品シューキーパー)

2泊を超える旅行の場合には、換えの靴を持っていくことも多いです。
そんなときに一日履いた革靴を休めるために使うのがシューキーパー。
わたしは無印良品のシューキーパーを使っています。

f:id:gami_bookmark:20190404072618j:plain

無印良品のシューキーパーはいろんな靴に使える汎用的なものです。
それでいて、お値段もそんなに高くありません(2千円ちょっと)。
ですのでコスパはかなり高いと思います。

革靴をスーツケースに入れて持ち運ぶときに型くずれも防いでくれますのでぜひひとつ手に入れてみてください。
無印良品のシューキーパー(ロハコ)

くわしいレビューはこちら

防シワ・ウォッシャブル・ストレッチの三拍子そろった機能性セットアップ(ACTIVE PLUS)

ちょっとかしこまったとこに行ったりすることを考えて、旅行にはできれば使い回せるセットアップを持っていくようにしています。
もちろんオフでも使えるセットアップです。
わたしが旅行で使いまわしているのが、ユナイテッドアローズのグリーンレーベルリラクシングのセットアップのACTIVE PLUSです。
f:id:gami_bookmark:20190310090717j:plain

出張のときはセットアップでもっていってスーツのように使っています。
プライベートの旅行のときにはジャケットだけ持っていきます。
こちらのジャケットは畳んでスーツケースに入れても本当にシワになりません。
ジャケット一着持っていくと便利ですよ。

購入はグリーンレーベルリラクシングのショップはこちらの楽天のショップから購入がおすすめです。
こちらのショップのある、Rakuten BRAND AVENUEでは楽天ポイントが使えます。

くわしいレビューはこちら

安くて丈夫でシンプルな時計(TIMEX キャンパー)

ひとり旅に高価な時計は必要ありません。
高価な時計は紛失や盗難のリスクが高まります。
もちろんスマートフォンでも時間は確認できるので持っていかない手もあります。

が、やはり腕周りが寂しい、と感じましたら、TIMEXのキャンパーをオススメします。
f:id:gami_bookmark:20181026205755j:plain

この時計は安いので気軽に使えます。
軽いのもポイントですね。
デザインはものすごくシンプルですので何にでもあわせられますよ。

くわしいレビューはこちら

白いオックスフォードシャツ(鎌倉シャツ、バギー、無印良品)

旅先ではとにかく着回しできる服が重宝します。
着回しできる服の中でも抜群につかえるのは白いシャツではないでしょうか?
とくにオックスフォードのボタンダウンシャツは使えます。
ジーンズ、チノパン、ハーフパンツ、なんにでも合わせやすいですよね。
f:id:gami_bookmark:20181026212927j:plain

そんなオックスフォードシャツでわたしが主に愛用しているものが3種類あります。
まずは鎌倉シャツのボタンダウンシャツです。
ここのシャツは本当に質がよくて仕事用のシャツはすべてここのシャツにしてます。
こちらのシャツはパンツにインして着たいタイプのシャツですね。

少しカジュアルに着たい場合にはBAGGY(バギー)のオックスフォードボタンダウンシャツです。

こちらのシャツは風合い抜群ですよ。
ちなみにわたしはプルオーバータイプのシャツを愛用しています。

プルオーバータイプにすることで、普通のシャツよりカジュアルになり、裾を出しても大丈夫ですね。
ハーフパンツにも、ジーンズにもあわせられます。

そして無印良品のシャツです。
形、生地感がいいことはもちろんですが、ここのシャツの一番いいところは旅先でも手に入れやすいところですね。
どうしても必要になったときにどこでも手に入れることができます。
f:id:gami_bookmark:20181026213039j:plain

ちょっとしたアウターにもなるネルシャツ(CAMCO カムコ)

カジュアルなシャツも持っていきたいときに、わたしはシャツジャケットにもなるCAMCO(カムコ)のネルシャツを持っていっています。
寒いときに温度調節をするのにとても便利です。
これだけ肉厚なので、温かいですよ。

f:id:gami_bookmark:20191023091508j:plain

秋から冬のはじめに、アウターでもインナーでも使えるCAMCOのネルシャツはかなり旅行で大活躍です。

くわしいレビューはこちら

保温性・雰囲気バツグンのインナー(インデラミルズのサーマル)

秋冬のオフのインナーのおすすめはインデラミルズのサーマルです。
コットン100%のサーマルは柔らかいワッフル生地で着心地がかなりいいです。
f:id:gami_bookmark:20191023095227j:plain

また、保温性もかなり高いので秋冬の寒い時期でも心強い。
旅先でもアメカジ系のセレクトショップに行くとだいたいおいていますので、買い足すのも楽です。
秋冬の旅行の際には必ずもっていっている頼れるアイテムです。

くわしいレビューはこちら

使い回し抜群のカットソー(セントジェームスウェッソンソリッド)

暖かくなってきたけどまだまだ寒さが残る季節など、温度調整に便利なのが着回せるカットソー。
わたしはセントジェームスのウェッソンを使っています。
ウェッソンといってもソリッド(無地)タイプ。
f:id:gami_bookmark:20190324163833j:plain

このタイプだとオンオフ問わずに使えます。
上で紹介したシャツの上に羽織るとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20190324163942j:plain

もちろんそのまま着てもいいですので、ものすごく使い回せるアイテムです。

くわしいレビューはこちら

着心地バツグンのコスパ高い下着(ユニクロスーピマコットンフライスT)

下着は消耗品。
ですので、なるべくコスパの高いものを選びたいですね。
そこでわたしのおすすめはユニクロのスーピマコットンフライスTです。

f:id:gami_bookmark:20191022123215j:plain

スーピマコットンの肌触りの良さと、2枚1パック980円という値段で、かなりコスパ高いです。
インナー用の袖短め、丈長めのシルエットが着ててストレスありません。

くわしいレビューはこちら

細身のシルエットで使い回せるデニム(フルカウント1108)

きれいな色落ちが楽しめることで有名なフルカウントのデニム。
そんなフルカウントに細身のモデルの1108というモデルがあります。
こちらのモデルはきれいなシルエットでどんなコーディネートにも合いますので旅行に1本持っていっておくと便利です。

f:id:gami_bookmark:20170419093211j:plain

ジンバブエコットンというコットンを使ってて肌触りもかなりいいこちらのデニム。
色落ちも楽しめますので長く愛用できるいいアイテムです。

フルカウントのデニムのレビューはこちら

かさばらないサンダル(モンベル )

どうしてもいるものではないですが、あると便利なものとしてサンダルがあります。
旅先、ホテルにチェックインした後にちょっと外に出たいときや、朝ごはんを会場に食べに行くときなど、そんな時に役立つのがサンダルです。
一日中あるき回った靴ではなく、その靴を休ませる意味でも夜はサンダルで出歩くことが多いです。

そんな時にわたしが持っていくのはモンベルのサンダルです。
f:id:gami_bookmark:20181026213356j:plain

ビーサンだと歩くと足が痛くなりますよね。
モンベルのサンダル、とくにロックオンサンダルは足がホールドされるので歩きやすい。
夜、街を飲み歩くときにも重宝します。
さすがに真冬は厳しいですが、秋くらいまでは靴下を履いたまま履けるのも便利なポイントです。

くわしいレビューはこちら

靴の疲れをとる(LUSH パパの足)

靴を複数もっていくのはやはり荷物の関係で避けたいですよね。
でも一日中歩き回った靴は、やはり臭いww
ホテルの部屋においているだけで臭うこともあります。

そんな時にLUSH ラッシュ パパの足というパウダーがあります。
f:id:gami_bookmark:20181026210007j:plain

これをふりかけておくと嫌な匂いが残ることはありません。
もちろん家でも使えますので、持っておいて損はないですね。
長い旅になればなるほど持っておきたいアイテムです。

くわしいレビューはこちら

普段使いできるけど触り心地抜群のマフラー(ヒルトップ)

マフラーも旅行に持っていくとなるとカシミヤのように気を使わないといけないものは微妙ですね。
巻いたり外したりすることも多いのでできれば扱いをそんなに気にしないでいいものがいいです。
ですが、触り心地にはこだわりたいところ。

そんなワガママを叶えてくれるのが、ヒルトップのマフラーです。

f:id:gami_bookmark:20170109092351j:plain

メイドインイングランドのとても柔らかいマフラー。
アンゴラとラムウールで保温性も抜群です。

詳しいレビューはこちら

タオルに、ハンカチに使える手ぬぐい(かまわぬ)

わたしは普段から手ぬぐいを使っています。

この手ぬぐい、ひとり旅にこそ真価を発揮しますね。

ハンカチとしての利用はもちろんですが、タオルとして使えるのがわたしは便利だと思いました。
体をゴシゴシ洗うときにも手ぬぐいを使っています。
ホテルの部屋についているボディスポンジだと洗った気がしないんですよねぇw

また、手ぬぐいは乾くのが早いので1枚持っていけば洗濯するとほぼ毎日使えますよ。
荷物をへらす意味でも有効なアイテムだと思います。

おすすめはかまわぬの手ぬぐいです。
f:id:gami_bookmark:20181026211908j:plain

くわしいレビューはこちら

クールなデザインの手ぬぐいを探すなら、にじゆらの手ぬぐいもおすすめです。
優しい注染でつくられているのですが、黒をベースにしたデザインのものもあります。
f:id:gami_bookmark:20190319201633j:plain

詳しいレビューはこちら

「【ひとり旅の荷物】年間100泊旅するわたしが持っていく洋服・靴・小物」まとめ

ということで今回は年間100泊は旅しているわたしが旅に持っていっている荷物のうち、洋服・靴・小物をご紹介しました。
洋服や靴は使い回せるものがやはりいいですね。
小物は旅を快適にできるものを持っていきたいです。
「荷物はできるだけ少なく」とよく言いますが、登山や、アウトドアではないのであれば快適さを追求することは悪くないと思います。
みなさんのパッキングの参考になったらうれしいです!

ちなみにわたした旅行で使っているスーツケースは無印良品のキャリーバーの高さを自由に調節できるストッパー付きハードキャリーです。
このスーツケースかなりおすすめですよ。

スーツケースについてはこちら ↓

他の記事ではひとり旅にもっていく持ち物のうちガジェットも紹介しています。
こちらの記事も参考にしてみてください。

なお、今回ご紹介したアイテムの中にもメイドインジャパン(日本製)のものがありました。 その他のメイドインジャパンのいいものもご紹介しています。
こちらの記事も参考にしてみてください。