【ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178】幾何学模様がかっこいいクールなサボテン

f:id:gami_bookmark:20210428101133p:plain

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178とは

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178はいわゆる牡丹玉の一種です。
ギムノカリキウム・フリードリッヒィが牡丹玉で、LB2178はパラグアイで発見されたものになります。
f:id:gami_bookmark:20210428100316j:plain

牡丹玉よりも模様がはっきりしているところ、棘が短く目立たないところが特徴です。
また、表面に凹凸が少なくミニマルな印象を受けます。
とてもかっこよく、見て楽しめるサボテンだと想います。

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178の特徴

このサボテンの特徴はなんといってもその模様です。
はっきりとこんな感じで縞模様が入っています。
f:id:gami_bookmark:20210428100339j:plain

模様の出方は個体差がありますが、どの個体もこのように緑✕黒✕白で幾何学的な模様が入っていてかなり特徴のある見た目をしてますね。
好き嫌い分かれると想いますが、このクールな感じが私は大好きです。

また棘はあまり生えていないのが特徴だと想います。
ギムノカリキウム フリードリッヒのハイブリッド種には棘があるものも見られますが、私はこの棘のない(短い)フォルムがシンプルで好きです。

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178の日当たり

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178は、高地の木陰に自生しているサボテンです。
そのため直射日光には弱く、日焼けして茶色くなってしまうことがあります。
ですので、遮光が必要になります。

カーテン越しの窓際などがベストポジションでしょう。
なお、寒さには強いので育てやすいサボテンだと思います。

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178の水やり(冬)

他のサボテン同様、断水気味に管理します。
ただし、月2回程度は水やりします。
このサボテンは水やりするとダイレクトに反応してくれて、とても元気になります。(そんな気がします)。

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178の水やり(春夏秋)

生育期ですので、土が乾いたらたっぷりとk水を与えましょう。
鉢の底から水が出てくるまでしっかりと水を与えるようにしましょう。
f:id:gami_bookmark:20210428100613j:plain

水をあげる間隔は土の表面が乾いた日数✕2の間隔をあけるのが目安になります。
表面だけ乾いても中は乾いていないので、その倍くらい間隔を開けるのがポイントになります。
風通りのいい場所で管理してあげてください。

こんな人におすすめ

ギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178は、幾何学模様がかっこいいと思った方にはかなりおすすめできます。
見てて飽きません。
家にいるときに一番見てしまっているサボテンだと思います。
ミニマルな雰囲気で、黒い鉢との相性が抜群にいいです。
f:id:gami_bookmark:20210428100435j:plain

私はこちらのプラ鉢にいれています。
こちらのプラ鉢はプラスチックですが高級感があっておすすめです。

クールな見た目のサボテンはインテリアでアクセントになること間違いなしです。
気になった方はぜひこちらのギムノカリキウム・フリードリッヒィ LB2178を育ててみてください。
ちなみに私は以下の大阪にある山城愛仙園さんでこのサボテンを買いました。
f:id:gami_bookmark:20210319140101j:plain

かなり有名なお店で、サボテンの品揃えもすごいです。
大阪まで行けない方は楽天でネットショップを運営されています。
こちらもかなり充実していますのでのぞいてみてください。

さぼてん&たにく とげ家

育成しているサボテン

このブログではその他にもサボテンについても紹介しています。
見た目がミニマルでかっこいいものを私目線でセレクトして集めています。
ご興味がありましたらぜひこちらの記事も読んでみてください。

育成している塊根植物

このブログではその他にも塊根植物についても紹介しています。
個体差の大きい塊根植物は見た目が楽しく、部屋の中で育成するのにピッタリです。
ご興味がありましたらぜひこちらの記事も読んでみてください。

育成しているアガベ

このブログではアガベについていくつか紹介しています。
サボテンが好きな方、特に晃山が好きな方は結構な確率でアガベも好きになるんじゃないでしょうかw
アガベについて気になる方は以下の記事も合わせて読んでみてください。

植物育成LEDライト

我が家は南向きの日当たりのいい部屋です。
しかし、基本的に、植物は部屋で育てたいので時間帯によっては陽が入らないためどうしても日照不足が気になります。
そこで植物育成ライトを導入しました。
我が家で使っているライトはSUN-20W-Wになります。

広い範囲を照射してくれて日照不足を補うのには問題ない光量のあるライトです。
こちらの記事で詳しく紹介していますので合わせて読んでみてください。