【恩塚ランポー玉】ミニマルな見た目の棘のないサボテン

f:id:gami_bookmark:20210319140446p:plain

アストロフィツム恩塚ランポー玉とは

アストロフィツムはサボテンの種類の名前です。
アストロフィツム属という属性の名前になります。
この属性のサボテンにはいわゆるサボテンらしい棘(とげ)がありません。
私はこの棘のないサボテンがミニマルで好きなんです。

そのアストロフィツムの中にランポー玉(鸞鳳玉)というサボテンがあります。
紙ふうせんを膨らませたような形で、全体的に白い斑点があります。
その中でも恩塚ランポー玉というのは特に白い種類です。
こんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20210319135749j:plain

遠くから見ると真っ白です。
が、近くでみると緑に白い斑点が入っているのがわかります。

この独特の美しさに惹かれました。

恩塚ランポー玉の日当たり

恩塚ランポー玉は、サボテンですので、他のサボテン同様日当たりと風通しのよいところで育てます。
寒さ、暑さにも強く育てやすいですが、真夏の直射日光は葉焼けの原因になりますので要注意です。
直射日光を避けて遮光ネットなどを使って管理します。
f:id:gami_bookmark:20210319135808j:plain

雨はなるべく避けたほうがいいです。
雨の当たらない、日当たり、風通りのいい場所がベストですね。

ランポー玉の水やり(夏冬)

水が多くなりすぎると実割れを起こします。
ですので、生育の止まる夏や冬は控えめがいいです。
完全に断水してもいいですし、水やりするとしても月1回くらいを目処にします。

ランポー玉の水やり(春秋)

春と秋は生育期になります。
水を与える際にはたっぷりと与えることがポイントになります。
鉢の底から水が出てくるまでしっかりと水を与えるようにしましょう。

水をあげる間隔は土の表面が乾いた日数✕2の間隔をあけるのが目安になります。
表面だけ乾いても中は乾いていないので、その倍くらい間隔を開けるのがポイントになります。
f:id:gami_bookmark:20210319135833j:plain

こんな人におすすめ

アストロフィツム恩塚ランポー玉は、育てやすいと思いますので、初心者の方にもオススメです。
棘のないミニマルな見た目が好きな方はぜひ育ててみてください。
特に恩塚ランポー玉は普通のランポー玉よりも白く、よりシンプルに見えると思います。
化粧砂を黒くするととてもかっこいいです。
f:id:gami_bookmark:20210319135854j:plain

いろんな形がありますのでお気に入りの形を見つけてみてはどうでしょうか?

ちなみに私は以下の大阪にある山城愛仙園さんでこのサボテンを買いました。
f:id:gami_bookmark:20210319140101j:plain

かなり有名なお店で、サボテンの品揃えもすごいです。
大阪まで行けない方は楽天でネットショップを運営されています。
こちらもかなり充実していますのでのぞいてみてください。

さぼてん&たにく とげ家

おすすめのサボテン

このブログではその他にもサボテンについても紹介しています。
見た目がミニマルでかっこいいものを私目線でセレクトして集めています。
ご興味がありましたらぜひこちらの記事も読んでみてください。

おすすめのアガベ

このブログではサボテンの他にアガベについていくつか紹介しています。
サボテンが好きな方は結構な確率でアガベも好きになるんじゃないでしょうかw
アガベについて気になる方は以下の記事も合わせて読んでみてください。