初心者におすすめ!コストパフォーマンの高いオーディオセットはこちら

f:id:gami_bookmark:20170924131323p:plain

 

アナログレコードの音が大好きで、CD世代(アラフォー)ですが、高校生のころからレコードを集めていました。

いくらストリーミングで音楽が聴けるようになってもアナログレコードの音の魅力に取り憑かれるとなかなか離れることはできませんね。

そんなアナログレコードを聴くために必要なものがオーディオセット。

初心者の方は何を買えばいいか迷うと思います。

そこでこの記事では私のオーディオセットに関してご紹介です。

ご紹介するのも恥ずかしいレベルなのですが、はじめて音楽鑑賞用に、特にアナログレコードを聴くオーディオセットを揃えようと思われている方には参考になるかと思います。

私のオーディオセットはこんな感じです。

 

■ターンテーブル:Technics SL-1200mk3(廃盤)

■カートリッジ:SURE M44-G(廃盤) 

■スピーカー:DALI zensor1

■アンプ:DENON pma390-re

ド定番の組み合わせだと思いますが、コストパフォーマンスはかなり高いセットです。

すでにターンテーブルとカートリッジは廃盤になっていますが、代替のアイテムもありますので、そこも含めてご紹介します。

予算としてはトータルで10万円以下に抑えることができますよ。

 

選ぶ際に気をつけたこと

わたしが今回ご紹介するオーディオセットを選ぶ際に気をつけたことが2点あります。

まずはそこからご紹介です。

高すぎないこと

1点目は値段です。 

オーディオセットって本当に上をみたらキリがない世界ですよね。

そんななかでどこに落とし所をつけるかになると思います。

わたしはトータルで10万円超えないことを意識しました。

そこにお金を使うなら、今はレコードを買うことにお金を使いたいと考えています。

今回のセットは定価でトータル8万円くらいで揃うセットです。

 

個性が強すぎないこと

2点目はクセがないことです。

わたしは本当にいろんなジャンルを聴きます。

 

>>このブログの音楽情報はこちら

 

ロックからはじまり、ジャズ、ヒップホップ、ハウス。

ですので、できるだけフラットにクリアに聴けるセットにしたいと思っていました。

例えばよく言われるのが、「JAZZならスピーカーはJBL」と言われますが、それだと電子音聴く時に多分しんどいんですよねぇ。

ですので、クセの少ないものにしたいと思いました。

 

 

長年の付き合いのターンテーブル、 SL-1200mk3

もともとターンテーブルだけは持っていました。

高校生の時(もう20年近く前)に買ったものです。

ターンテーブルは2台持ってて、ミキサーにつないで、アクティブスピーカーに出力してました。

当時はTechnicsしか選択肢がなかったかと思います。

このターンテーブルにピッカリングのカートリッジを付けて、ヒップホップや、ハウス、ロックを聴いてました。

音楽を聴くというよりもDJっぽいことをするのが楽しかった時期です。

 

というかこれ、本当に頑丈ですよね。全然壊れないです。

結構な頻度で使っているのですが、もう20年選手ですよ。

現在は、主にリスニング用途で利用していますが、なんの問題もなく使えてます。

 

ちなみにスリップマットだけは変更してます。

ディスクユニオンのコルク製のものにかえました。

f:id:gami_bookmark:20161129211725j:plain

 

現在はもう生産されていませんが、Amazonで中古がよく売られています。

お手軽な値段ですので探してみてください。

 

 

 

ちなみに、TechnicsのSLシリーズの最新モデルは、SL-1200MK7-Kです。

こちらはオールブラックのかっこいいモデル。

逆再生などの機能追加と音質が向上されていることで、気になります。

 

 

そしてもう一つおすすめなのがNEUというブランドのターンテーブルです。

 

これは一時期のTechnicsのSLシリーズの生産終了をうけて作られたものです。

見た目や機能、使い勝手などはTechnicsのSLシリーズとほぼ同じ。

ディスクユニオンの視聴用の機材として使われてて触ったことありますが、SLシリーズとそんなに大きな違いはありませんでした。

すこしチープかなぁという印象ありますが、お値段も控えめですので、まずはこのターンテーブルではじめてもいいと思います。

 

なお、最近のレコードブームのおかげでスピーカーもついてて、更にはPCとUSBで接続して音楽を取り込む機能までついているレコードプレイヤーが安く手に入ります。

有名なところではこちらのレコードプレイヤー。

 

気軽にレコードライフ始めることできますのでとにかくレコードに触れてみたい方はこちらのターンテーブルでもいいですね。

 

 

 

カートリッジは定番の M44G

カートリッジはド定番のSHURE M44Gにしました。

ジャズやロックの鑑賞にもいいと言われている定番モデルです。

カートリッジって大きく分けて、リスニング用と、DJ用がありますが、これはどちらかというとDJ用ですかね。

スクラッチャーも使うカートリッジです。

どうして私がリスニング用にDJ用のこのカートリッジを選んだかというと

扱いが雑だからです…

リスニング用のカートリッジって、針がものすごく細くて(その分繊細な音が出ますが)危うく落としたりすると折れます。

私はどうも扱いが雑らしく、何度もカートリッジを不意に落としてしまうことがあり、リスニング用だとすぐ壊れそうな気がしたんですよねぇ。

そこでタフで、しかもかなりお手頃なこのカートリッジにしました。 

 

関連記事:扱いやすさを考えるとジャズを聴くにもSHURE M44Gがおすすめです。

 

音は結構ガツンと来る感じでJAZZには合います。

骨太な音でウッドベースのブルンブルン迫ってくる音は迫力があります。

またヒップホップや、ハウスなどの低音も気持ちよく聴けます。

今後、ターンテーブルを上位機種に買えるまでは、このカートリッジでいくと思います。

 

交換針も他のものと比べると安いですし、どこでも売ってますので、安心です。

 

 

追記:
とか言ってたんですが、SHUREがこのカートリッジとレコード針の生産を終了することになりました。
まだ、Amazonではありますので早めに買っておいた方がいいと思います。
ちなみに、交換用のレコード針はディスクユニオンの互換性のある針を試してみましたので、こちらも参考にしてみてください。
 
 

入門用のアンプ、pma390re-sp

アンプは入門用として定評のあるDENONのPMA-390RE-SPにしました。

 

f:id:gami_bookmark:20161129212050j:plain

 

新品で3万を切る実売価格です。

正直いって、この価格で手に入るアンプって他にないような気がします。

Amazonでもベストセラーになっています。

f:id:gami_bookmark:20181008101005j:plain

 

中古市場でもよく見ますので、もっと安く手に入れることができると思います。

まだアンプに関しては他のものと比べたことはありませんので、レビューは割愛します。

 

ただ一点だけ。

買ってから気づいたのですが、こちらのアンプMC針に対応してません。

MC針に変更する際には、MC用の昇圧トランスが必要になります。

まぁ、MC針使うようになったときにはアンプも替えてやりますよ!!

 

 

視聴してきめたスピーカー、DALI zensor1

スピーカーはお店でいくつか視聴してから決めました。

JBL、B&W、TANNOY、などなど。

その中から、音の好みと、価格でこのスピーカーにしました。

 

f:id:gami_bookmark:20161129212146j:plain

 

音はかなりクリアな印象です。

事前に低音が弱いという口コミを見ていましたが、そんなことはなかったです。
ちゃんと出てます。

ただ、ドンッ ドンッって感じで出る音ではなく、自然な低音なので、好みは別れるかもしれません。

ジャズのウッドベースは十分迫力があると思いました。

高音は伸びやかで、これまで使っていたパッシブスピーカーとは雲泥の差です(そりゃそうだ)

 

サイズはPCのデスクトップ用に利用する方もいらっしゃるぐらいですので小さいです。

狭い我が家にはぴったりです。

 

以前は高価なスピーカーしか作っていなかったこのメーカーらしく、そのノウハウが注がれているんですね。

安いのにいいスピーカーだと思います。

このスピーカーはかなりおすすめです。

 

初心者のかたにおすすめ

ということでこの記事では我が家のオーディオセットについてご紹介しました。

スタンダードな組み合わせで、音に癖もなく、コストパフォーマンは高いと思います。

このレベルではじめてみて、ハマれば、どんどんオーディオ沼に足をつっこみましょう。

私はまだ、ソフト(レコード)にお金を使いたいので、当分はこのセットでいこうと思います。

アナログレコードの再生環境に関してはこのブログでもいろいろご紹介しています。

こちらも合わせて御覧ください。