【レビュー】ディスクユニオンのM44G互換針「N44G-CR」

f:id:gami_bookmark:20180919213322j:plain

アナログレコード愛好家には衝撃のニュースだったと思います。
SHUREがフォノカートリッジの生産を終了
SHUREといえばフォノカートリッジの定番M44GやM477を作っているメーカー。 このメーカーがカートリッジと針の生産を終了するということで、困っている方は多いのではないでしょうか?
そこで今回はそのM44Gのディスクユニオンの互換針N44G-CRについてレビューしたいと思います。

交換針が高騰

SHUREからの生産終了の発表をうけて、純正の交換針の価格が高騰しています。
というか、そもそもどこも売り切れ。
なかなか手に入れるのが難しくなっていますね。

もともと手軽なお値段なのに、音質がよいことから、DJや、ハードリスナーに支持されているM44Gや、M447。
価格が高くなっては元も子もありません。
そんなことから、互換性のあるレコード針を探すこととしました。

互換性のあるレコード針

現在、M44Gや、M447のカートリッジに互換性のある針は主に以下の3つだと思います。

ディスクユニオン「N44G-CR」

JICO「N44G-MONO」

NAGAOKA「GD6344G」

このうち、わたしはディスクユニオンの交換針をてにいれました。
JICOは安すぎて少し怖くて、NAGAOKAは高いのでM44Gにはもったいないなぁと。
NAGAOKAの針買うなら、カートリッジごとこちらに替えます。

コスパ的にディスクユニオンのが一番いいと思います。

見た目はかっこいい

届いたレコード針はこんな感じでした。
f:id:gami_bookmark:20180919212849j:plain

ちゃんとした箱に入ってますが、梱包がちゃちくて、ちょっと不安…
f:id:gami_bookmark:20180919212946j:plain

でも、針自体はクリアレッドがいい感じです。
f:id:gami_bookmark:20180919213009j:plain

まさにM44Gの交換針っぽいフォルムでいい感じです。
カートリッジにつけてみるとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20180919213029j:plain

なんか見た目はいいですよね。
純正よりかっこいいかも。
これで音がよければバッチリです。

なんだか薄い音

公式のサイトには

純正ではドライ過ぎる/歪みっぽいという方、こちらは中域に密度感があり、重心が下がった芯のあるウェットなサウンドです。

とあります。
早速聴いてみました。 うーん、ちょっと期待はずれな感じでした。
音が薄くなった印象です。
ちなみに音はこんなかんじの音を使いました。

関連記事:最近リリースされた(ロバートグラスパー以外の)おすすめのジャズアルバム4選

もともとM44Gで聴くJAZZとかロックの太い音が好みなわたしにはちょっと物足りないかもです。
あと、盤質がダイレクトに音にでるかんじ。
もともとの録音が悪いと再生でもかなり気になるようになりました。
この辺はかなり個人の感覚ですが、全体的に弱い印象です。

ちなみにうちのオーディオセットはこんな感じです。

関連記事:初心者におすすめ!コストパフォーマンの高いオーディオセットはこちら

強度が不安はありますがつなぎに

音のうすさの他に、強度に関しても少しこわいですねぇ。
針の部分がかなり細くて、よく反ります。
なので、折れそうで怖いんですよねぇ。

全体的に満足度はそんなに高くないですが、お値段からするとこんな感じかもって思えるレベルだとは思います。
カートリッジ自体も生産終了ですのでいずれ乗り換えになると思います。
それまでのつなぎにはよいのではないでしょうか。
次のカートリッジ探しながら、わたしはこの針でつなごうと思います。

オト・マガジン

このブログでご紹介しているおすすめのオト(音楽)についてまとめています。
基本的にジャンル関係なくおすすめの音楽と、周辺の情報(機材、お店など)をご紹介していますので、こちらのページも御覧ください。