【ビジネスレザーファクトリー ドキュメントケース レビュー】総レザーで高級感のあるPC・タブレットケースとしても使えるドキュメントケース

f:id:gami_bookmark:20191223170111j:plain

ビジネスだけでなく、書類を持ち運ぶシチュエーションって多いと思うのですが、皆さんはどんな入れ物に入れて持ち運んでますか?
クリアファイルに入れたり、バインダーに挟んだりされている方が多いと思います。
私はレザー好きですのでレザーのドキュメントケースをずっと探していました。
ですが、雰囲気よくて値段もそこそこのものってなかなかないんですよね。
そんなときに私のお気に入りブランドであるビジネスレザーファクトリードキュメントケースがあることを知りましたので早速買って使ってみました。

レザーの質感よく、仕事の場面で大切な書類を持ち歩くのにピッタリです。
また、そこそこサイズがありますので、ただ書類を入れるだけでなくPCケース(~12インチくらいまで)、タブレットケースとしても使っています。
ドキュメントケースだけでなく、クラッチバッグのようにかばんっぽく使えるアイテムでもありますので、レザーのケース全般を探されている方におすすめです。

ビジネスレザーファクトリーとは

まずは、ビジネスレザーファクトリーについてご紹介です。
このブログでも何度かご紹介していますが、このブランドは、牛の本革を使用したビジネスバッグや、財布、文房具を取り扱う革製品のブランドです。
ビジネスを意識しているため、無駄な装飾がないのが特徴です。

ビジネスレザーファクトリーについてはビジネスレザーファクトリーの紹介の記事をご覧ください。

上の記事でも書きましたが、価格帯がかなり安いので気軽に使うことができます。
バングラデシュに自社工場があり、そこで自社生産しているのでコストを抑えられているんですね。

運営している会社がボーダレス・ジャパンという会社。
「ソーシャルビジネスで世界をかえる」ことをビジョンに掲げて貧困問題と向き合っています。

ボーダレス・ジャパンのHPは → こちら

その会社の事業のひとつがこのビジネスレザーファクトリーです。

  • 未経験や未就学を理由に「働く」場のない貧しい人々の問題解決を目指す。
  • 現地の資源を活用した本革製品の工場で「働く」場を提供する。
  • 本革製品を通して世界中の「働く」を明るくしたい。

これらを目標にバングラデシュの工場にて貧困層を積極的に正規雇用しています。
雇用を創出してますね。

こちらの製品を買うことはバングラデシュの貧困問題に対して少しですが貢献できます。
この思想にわたしは共感しました。

ビジネスレザーファクトリーのドキュメントケース

この記事では、ビジネスレザーファクトリーのドキュメントケースについてご紹介します。
ドキュメントケースはその名の通り、書類を入れるケースです。
ですが、このビジネスレザーファクトリーのドキュメントケースは、結構大きめですので、書類だけでなくタブレットや、小さいPCなら余裕で持ち運ぶことができます。
クラッチバッグのような使い方のできるドキュメントケースです。

f:id:gami_bookmark:20191223165051j:plain

こちらがビジネスレザーファクトリーのドキュメントケースです。
他のビジネスレザーファクトリーのアイテムと同様にすべてレザーでできています。
レザーの面積が大きいのでかなり迫力があります。

私は黒を選びましたが、他にもこれだけの色を展開しています。
f:id:gami_bookmark:20191223165931j:plain

きっとお気に入りの色を見つけることができると思います。

ドキュメントケースの外観・内観

ビジネスレザーファクトリーのドキュメントケースはシンプルにL字にファスナーがついているタイプのドキュメントケースです。
表面のレザーはビジネスレザーファクトリーならではの高級感のあるレザーで安っぽさはゼロ。
f:id:gami_bookmark:20191223165119j:plain

ところどころレザーならではのシワが入っています。
使っていくとこのレザーは光沢を増していくことをポーチで経験しているのですが、この面積のレザーが光沢を持つとかなり迫力のある佇まいになるのでは?と期待しています。

そしてファスナーにもこだわりが。
f:id:gami_bookmark:20191223165222j:plain

ファスナーはYKK社の高級ファスナー”EVERBRIGHT”を採用しており、かなり光沢感強く、高級感を実現しています。

個人的にはこのレザーとこのファスナーの組み合わせがビジネスレザーファクトリーのアイテムの好きなところです。

内側には少し起毛感のある素材の布が貼られています。
片側一面が大きめのポケットになっていてここに書類を入れるといいです。
f:id:gami_bookmark:20191223165340j:plain

反対側にはポケットが2つついています。
このポケットが便利で小物を収納できるので使い勝手がいいですよ。
f:id:gami_bookmark:20191223165407j:plain

この起毛感のある素材が中身を守ってくれるクッションの役割も果たしているので安心感があります。

ドキュメントケースの使い心地(PCケースとして)

わたしはこのビジネスレザーファクトリーのドキュメントケースをPCケースとして使っています。
わたしのメインPCであるSurface pro 6 がちょうどいいサイズなんですね。
上から重ねてみるとこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20191223165447j:plain

Surface pro 6 についてはこちらの記事に詳しく紹介していますので御覧ください。

ケースの中に収納するとこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20191223165518j:plain

シンデレラフィットでした。
ちょっとだけある余裕の部分がクッションになって安心感もあります。

内側のポケットには充電ケーブルや外部ディスプレイ用のコネクタを一緒に入れています。
f:id:gami_bookmark:20191223165652j:plain

こんな感じですこし膨らんでしまいますが、ちょうどいいサイズ感です。
f:id:gami_bookmark:20191223165628j:plain

このドキュメントケースにPCを入れて、カバンに放り込めばバッグインバッグにもなり便利です。
ちなみに私のメインのカバンはSLOWのトートバッグです。
こちらのカバンにもちょうどいいサイズでこのドキュメントケースを入れることができます。

SLOWのトートバッグについてはこちらの記事を御覧ください。

「ビジネスレザーファクトリー ドキュメントケース レビュー」まとめ

ということで、この記事ではビジネスレザーファクトリーのドキュメントケースについて紹介しました。
他のビジネスレザーファクトリーのアイテム同様に安っぽさはゼロの高級感のあるレザーを使ったこちらのアイテムはまさにビジネスにピッタリです。
お値段も他のレザーのドキュメントケースに比べるとお得感のある税別7,999円。
レザーのドキュメントケースとしてはかなりコストパフォーマンスが高いと思います。

また、私はSurface pro 6 のケースとして使っていますが、サイズが合えばPCケース、タブレットケースとしても使えます。
PCメーカーやサプライメーカーが出している機能性を重視したケースが嫌だなぁと思われている方にはかなりおすすめできます。

ビジネスレザーファクトリーはオンラインと実店舗で買えます

それぞれの商品は全国の実店舗で買えます。
わたしも実際に大阪のお店に行って商品を見て、買うことを決めました。
現在、実店舗は、

  • 札幌
  • 横浜
  • 品川
  • 名古屋
  • 大阪なんば
  • 大阪梅田
  • 広島空港
  • 福岡天神
  • 宮崎
  • 熊本
  • 大分

にあります。

またオンラインショップは公式ホームページと楽天のお店がありますよ。

公式オンラインショップは ↓ ↓
ビジネスレザーファクトリー

楽天のショップは ↓ ↓

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事