【Clipa(クリッパ)レビュー】質感のいい耐荷重量15キロの頑丈なバッグハンガー

f:id:gami_bookmark:20191216093845j:plain

ひとり旅に必ず持っていくアイテムのひとつにバッグハンガーがあります。
手ぶらでブラブラすることはあまりなく、何かしらカバンを持っているのでちょっとカバンを置く際に便利なのアイテムです。
この記事ではわたしが愛用していておすすめのバッグハンガーであるClipa(クリッパ)を紹介します。

重いカバンでもOKな丈夫さと、質感のいい見た目で持ち歩きたくなるアイテム。
カバンと一緒にいつも持ち歩いています。

Clipa(クリッパ)とは

Clipa(クリッパ)はいわゆるバッグハンガーです。
主にカバンをテーブルにかけるために使うアイテムで、カフェや居酒屋でカバンの置き場所に困ったときに大活躍します。
私は愛用しているSLOWのトートバッグに使うために手に入れました。

SLOWのトートバッグについてはこちらの記事を御覧ください。

カバンを床に置きたくないときに本当に重宝します。
いろんなバッグハンガーを見てみたのですが、パソコンの入った重いカバンの重量を支えてくれるバッグハンガーってなかなかないんですね。
耐荷重量が1キロとか3キロとかだとちょっと心もとない。
そんな中、このClipa(クリッパ)耐荷重量15キロでかなり重いカバンも大丈夫です。
そんな理由からこのバッグハンガーを選びました。
f:id:gami_bookmark:20191216093001j:plain

ちなみにClipaにはClipaとアップデートされたClipa 2があるようです。
と言いながら、明確に1と2が分けられていることはなく、今買えばだいたい2になります。
私のClipaも特に意識せずに買いましたが、2でした。

Clipa(クリッパ)の形状と質感

Clipa(クリッパ)の形状はこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20191216093100j:plain

通常は丸いリングの形状をしています。
そのリングの一部が開くようになっていて、開いてカバンをひっかけることになります。
こんな感じでリングが開きます。
f:id:gami_bookmark:20191216093124j:plain

色は現在6色あります。
f:id:gami_bookmark:20191216093455j:plain

ブラック、シルバー、ゴールドがそれぞれ艶あり、艶なしから選べます。
私はカバンの色に合わせて艶なしのゴールドを選びました。
f:id:gami_bookmark:20191216093510j:plain

この色が絶妙で、質感としては真鍮のような質感。
そのため、SLOWのトートバッグにぴったりでしたよ。

Clipa(クリッパ)の使い心地

実際にこのClipa(クリッパ)を持って何度も出張に行ってますが、本当に便利ですね。
シチュエーションとしては、カフェで使うことと、居酒屋で使うことが多いです。
とくに仕事終わりに居酒屋に行くときには常に持っていっています。
大衆酒場が大好きな私が行くお店はだいたい床がそんなにきれいではありませんww
荷物カゴもあったりなかったり。
お気に入りのカバンを床に直で置くのはなかなか勇気がいります。
こんな感じでカバンに引っ掛けて使います。
f:id:gami_bookmark:20191216093536j:plain

グラグラするかなぁって思ってたのですが、テーブルに接する面がゴムコーティングされていて滑りません。
そのため結構安定しています。
f:id:gami_bookmark:20191216093557j:plain

私のカバンは結構重たいほうだと思うのですが、問題なく使えていますよ。
居酒屋以外にもカフェの狭いカウンターとかでも大活躍してます。

「Clipa(クリッパ)レビュー」まとめ

ということで、今回はClipa(クリッパ)というバッグハンガーのご紹介でした。
耐荷重量15キロですので、そこそこ荷物のある方のカバンでも大丈夫だと思います。
というか、このClipa以外だとそこまで耐えれるバッグハンガーないんじゃないでしょうか。
見た目も質感もかなりいいと思いますので、自分のバッグに合う色を選んでみてください。
真鍮っぽい質感でお探しですと、私が使っているつや消しのゴールドがおすすめです。

このバッグハンガーは旅行で大活躍しています。
Clipaの他にも旅行に使えるアイテムをまとめています。
こちらも参考にしてみてください。