【土屋鞄の革製品まとめ】長く使えて愛着のもてるおすすめの財布・名刺入れ・文房具

f:id:gami_bookmark:20191026161449j:plain

身の回りのものはできるだけ愛着のもてるものに囲まれてたいです。
それは仕事道具であっても、旅にもっていくものであっても同じ。
丈夫で長く使えるものが理想です。
そうなると丈夫で年々自分のものになっていく革製品が身の回りには増えていきました。

特に増えたのが土屋鞄製造所(土屋カバン)の革小物です。
アジがあって、愛着のもてるアイテムが多く、ついつい揃えてしまう。
そんな魅力があります。
そこでこの記事では、そんな土屋鞄の革小物のおすすめをまとめてご紹介したいと思います。
どのアイテムも実際に私が使っているもので、仕事にも、ひとり旅にも持って行っているお気に入りのものたち。
ぜひ、参考にしてみてください。

土屋鞄の革小物

まずは、知らない人のために土屋鞄製造所についてご紹介です。
土屋鞄製造所は東京に工房のある革を使ったカバンのメーカー。
すべての製品が職人さんの手作りでできています。
f:id:gami_bookmark:20180919192341j:plain

特に有名なのはランドセルでしょうか。
我が家も子供には土屋鞄製造所のランドセルを使わせています。
とても丈夫で、品があって、長く使えるいいランドセルです。

ランドセルやカバンだけでなく、財布を始めとした革小物もたくさんありますよ。
私もこれまでに、財布、ペンケース、キーホルダーなどいくつかの小物を使ってきましたが、品があって長く使えるいいモノばかりです。
そのため、気づけば身の回りに土屋鞄の革小物が増えていきました。

楽天市場には 土屋鞄のオンラインショップがあります。 こちらをのぞいてみてください。

土屋鞄の財布「ウルバーノジャケットパース」

長財布だと多きすぎるけど、二つ折り財布はスーツのときに邪魔になっていや。
そんなワガママを聞いてもらえるのが、ウルバーノ ジャケットパースです。

f:id:gami_bookmark:20191026152257j:plain

深めの二つ折り財布のような作りのこの財布はウルバーノという革のシリーズになります。
よく見ると、革のシボがあり、触ると絶妙な凹凸があります。
この触り心地が気持ちよくてくせになる革です。
絶妙な大きさのサイズ感と、触り心地・革質のよい革で作られたこの財布はオンオフに使えるお気に入りの財布です。

この財布の詳しいレビューはこちらの記事をごらんください。

ウルバーノシリーズには長財布もあります。
長財布を探されている方には、こちらのウルバーノ チェストウォレットがおすすめです。
革質はここで紹介しているウルバーノ ジャケットパースと同じです。

土屋鞄のミニ財布「ナチューラヌメ革Lファスナー」

土屋鞄の革でウルバーノとともに好きなのが、ナチューラヌメ革です。
いわゆるヌメ革で、一番エイジングが楽しめる革だと思います。
そんなナチューラヌメ革シリーズでわたしが愛用しているのが、ミニ財布である、ナチューラ ヌメ革Lファスナーです。

f:id:gami_bookmark:20191026153324j:plain

最近流行りのL字ファスナーのミニ財布。
もともとはこの土屋鞄のものがオリジナルだと思います。
そのくらい土屋鞄ではロングセラーモデルです。
シンプルなデザインにヌメ革がぴったりのこの財布、コンパクトで日常使いにピッタリ。
私は二千円くらいのお札と小銭と、交通系ICカードを入れて使っています。

この財布の詳しいレビューはこちらの記事をごらんください。

土屋鞄のペンケース「ナチューラヌメ革ファスナーペンケース」

上で紹介したLファスナーと同じく、ナチューラヌメ革のシリーズからもう一つ愛用品をご紹介です。
ナチューラ ヌメ革ファスナーペンケースです。

f:id:gami_bookmark:20191026153854j:plain

こちらはシンプルなペンケース。
シンプルだけにヌメ革のエイジングを楽しめる革小物だと思います。
上の写真はほぼノーメンテで3年位使っていますが、いい感じでつるつるしてきました。
お値段もお手頃ですので、シンプルな革のペンケースを探されている方にはかなりおすすめできます。

なお、ナチューラヌメ革にはキーケースや、ブックカバーもあります。
これらも同じようにエイジングを楽しめるシンプルな革小物です。

土屋鞄の名刺入れ「ウルバーノカードケース」

上で紹介したウルバーノ ジャケットパースと同じ革質の名刺入れが、ウルバーノ ベルトカードケースです。

こちらの名刺入れはデザインも個性的です。
こんな感じで名しれの全面に蓋をとめるベルトがあります。
白いステッチもアクセントになっていて品がありながらも個性的です。
革は財布同様、凹凸があり、触り心地が最高にきもちいです。
いつまでも触っていたい、そんな名刺入れです。

この名刺入れの詳しいレビューはこちらの記事をごらんください。

土屋鞄のメガネケース「トーンオイルヌメめがねポーチ」

もうひとつ私がすきなシリーズがあります。
それがトーンオイルヌメです。
少し油分の多いヌメ革で、表面はボコボコしている優しい雰囲気の革。
柔らかい革です。
そんな優しい革を使っているメガネ入れを使っています。
f:id:gami_bookmark:20191026154913j:plain

革がかなり柔らかく、メガネなど壊れやすいものを入れるのにもってこいな革。
メガネポーチは廃盤になっていましたが、トーンオイルヌメ ボディーポシェットや、トーンオイルヌメ がま口長財布など、柔らかい雰囲気の革小物はたくさんあります。
ぜひ、手にとって、その柔らかさを体感してみてください。

土屋鞄の革小物は愛着がもてます!

ということで、この記事では私が愛用している土屋鞄の革小物についてご紹介しました。
どのアイテムも実際にわたしが長年愛用しています。
そして年々愛着が増えており、自分のものになっています。
仕事はもちろんプライベートにも、旅行にも一緒のこの土屋鞄の革製品。
みなさんも手にとってみてはいかがでしょうか?
触ってみるとその良さがすぐにわかると思います。

なお、この土屋鞄と同様、メイドインジャパンのおすすめのものについてこちらの記事にまとめています。
日本製のいいモノを探されている方はこちらの記事もあわせて御覧ください。

ビジネス使いに特化したい場合には

もう少し安くて、ビジネス使いに特化した革小物がほしい場合には、ビジネスレザーファクトリーの革製品がおすすめです。
高品質な革製品を、シンプルなデザインで安く提供しています。
例えば、

牛革のビジネスバッグが15,000円程度でてにはいります。
これ、実物見ましたけど、かなり革質は良かったです。
実際に私もいくつかの革小物を愛用しており、以下の記事で紹介していますので御覧ください。

バングラデシュの自社工場で生産し、現地の雇用を生んでいるソーシャルビジネスの側面もあり、活動から目が離せません。

モノ・マガジン

このブログでご紹介しているおすすめのモノについてまとめています。
基本的に長く使えて、使い回せるモノをご紹介していますので、こちらのページも御覧ください。