【SLOW キーケース レビュー】革の雰囲気が抜群なメイド・イン・ジャパンの個性的なキーケース

f:id:gami_bookmark:20190815131611j:plain

革小物が大好きで、身の回りの小物は基本的に革製品にしています。
やはり、メンテナンスをすることで長く使えることや、使い込んだときの温かみや、自分だけのものになる感じが好きなのでついつい革製品を選んでしまいます。
これまでにもいくつか革製品についてご紹介しましたが、今回、新たにキーケースを手に入れました。
使ってみて、かなりお気に入りのアイテムになりましたし、このブランドのことが大好きになりましたのでご紹介したいと思います。
SLOW(スロウ)というブランドのキーケースです。
こちらのブランド最近まで知らなかったのですが、大阪のZABOUというセレクトショップで初めて知って、手にとってその質感にやられました。
デザインも一捻りあり、個性的。
あまり人と被りたくない方におすすめできるブランドだと思います。

SLOWとは

SLOWは日本のブランド。
わたしの大好きなメイド・イン・ジャパンの革製品を作っているブランドになります。

公式HPには

SLOW(スロウ)というブランドネームは、移り変わりの激しい時代に流されずゆっくりと創作を追及していきたいというモノ創りのスタンスを示しています。「自分たちが持ちたくなるモノを作る」という精神を原点に、使うほど味わい深くなるモノ・ゆっくり永く愛用できるモノを日本の職人が誇る技術を駆使し創作しています。時代を超えて愛されるアメリカンカジュアル・アメリカントラッドを背景に、そのようなスタイルに合うプロダクトを展開します。

とあります。
丁寧なものづくりで、長く愛用できるアイテムを作っているところに私は共感しました。

鎌倉を始め、東京、大阪、京都、福岡、金沢に路面店があります。
わたしはいつも大阪の南堀江のお店に行っています。

f:id:gami_bookmark:20190815125539j:plain

革製品が入っている箱にも「Made In Japan」の誇らしげな文字が。
やはり丁寧に作られている日本製は信頼できますね。

わたしがおすすめする日本製のいいモノはこちらをごらんください。

SLOWのキーケースは個性的な形

今回、わたしが選んだのはbono のキーケースです。

お店で見た瞬間にとても個性的な形をしていたので惹かれて、手にとってみました。
こんな形です。
f:id:gami_bookmark:20190815125617j:plain

楕円を半分にしたような形。
これを広げるとこんな感じでキーを留める金具がついています。
f:id:gami_bookmark:20190815125643j:plain

1枚の革で鍵を包むような作りで、他のキーケースでは見たことがない形です。
鍵は3本まで収納できる金具がついています。
f:id:gami_bookmark:20190815125822j:plain

多い鍵を使う人にはあまり向いていないかもですが、私は、家の鍵、車の鍵の2本なのでちょうどいいです。
普通のキーケースだといつも持て余してたのでちょうど良かったです。

革を留める金具はこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20190815125751j:plain

ボタンなどはついてなくて、革の穴に金具を通すだけ。
これも個性的ですね。

取れないかな?って心配しましたが、全然問題なしです。
しっかり留まってくれますよ。

SLOWのキーケースの革質

このSLOWのキーケースの革はbono(ボーノ)という種類の革です。
栃木レザーの革を使っています。
f:id:gami_bookmark:20190815125920j:plain

この革質が結構独特で、自然の味わいを最大限活かす為、加工は最小限にとどめているようえす。
そのため、牛が元々持っていたシワやたるみ、キズ、血管、毛穴などの痕跡がそのまま自然の刻印として現れています。
表面はすこし凸凹した感じです。
f:id:gami_bookmark:20190815130013j:plain

この感じが手触りがいいのはもちろん、アジのある雰囲気を醸し出してます。

私はこの革を見て、触って気に入ったのでこのキーケースを買ってみました。
かなりお気に入りの革になったので、同じ革で財布もあるようですので、本気で狙っています。

SLOWのキーケースのエイジング

まだわたしは使い始めて1ヶ月くらいですので、これからです。
今の状態を記録として残しておくとこんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20190815130205j:plain

キーをいれて閉じるとこんな感じでまだハリがあります。
これが使い込んでいくといい感じになっていくんですよね。

わたしは、店員のかたに使い込んだサンプルを見せてもらいましたが、表面がつるつるになってました。
その味わいがまたよくて、自分でもそのレベルまで使い込んでみたいなぁと思っています。

インスタグラムに3年ほど使い込んだ写真がアップされてましたので、そちらを見てみてください。

www.instagram.com

なお、このキーケースは3色あります(黒・ダークブラウン・ブラウン)が、一番エイジングが楽しめそうなブラウンを選びました。

「SLOW キーケース レビュー」まとめ

ということで、今回はSLOWのキーケースをご紹介しました。
個性的な形に、とてもアジのある革質。
あまり他の人ともカブらなそうなのもいいと思いました。
お値段も3,000円程度と、かなりお手頃ですので、気になる方は試してみてください。
エイジングが進みましたら、この記事をアップデートしてご紹介したいと思います。

なお、SLOWと同じく、温かみのある長く使える革小物についても紹介しています。
こちらの記事も御覧ください。

モノ・マガジン

このブログでご紹介しているおすすめのモノについてまとめています。
基本的に長く使えて、使い回せるモノをご紹介していますので、こちらのページも御覧ください。