【鎌倉シャツ レノクロス】真夏でも快適に着れるしっかりしたシャツ

f:id:gami_bookmark:20200308091359j:plain

鎌倉シャツのワイシャツを毎日愛用しています。
ユニクロよりは明らかに高品質で、メイドインジャパンなのに5千円で手に入るいいシャツです。
詳しくはこちらの記事を参照ください。

そんな鎌倉シャツですがわたしが持っているオックスフォードのボタンダウンシャツなどは生地が分厚くて真夏はさすがに着るのが厳しいです。
そこでこの記事でご紹介するのが鎌倉シャツの夏用シャツであるLENO CLOTH(レノクロス)です。
真夏でも快適に着れるシャツですのでおすすめですよ。

LENO CLOTHとは

LENO CLOTHはカラミ織りと言われる織られ方の生地です。
2本の糸を捩った太い糸を経糸とするため粗い目が特徴の織物ですので、メッシュ状の生地になります。
そのため通気性がよく、夏にはもってこいの素材です。
f:id:gami_bookmark:20170624110652j:plain

夏の素材といえば麻が有名ですが、ビジネスシーンでは厳しい場合もありますよね。
そんな場合にオススメなのがこの「カラミ織り」の素材です。

LENO CLOTHの白シャツ

わたしの職場はそんなに服装に厳しくもないので、オックスフォードのボタンダウンを着ることが多いです。
ですので、夏シャツといえど、できればボタンダウンシャツがほしい。
そこで鎌倉シャツで色々探して見つけました。
「カラミ織り」であるLENO CLOTHのボタンダウンシャツ。
いつも通り鎌倉シャツのみなとみらい店で購入です。
f:id:gami_bookmark:20170624110729j:plain

いつものタグの下にLENO CLOTHのタグがついています。
これが目印。
f:id:gami_bookmark:20170624110805j:plain

サイズ感などは他のシャツと変わらないですね。
これを手に入れました。

LENO CLOTHのスケ感

生地は粗目のメッシュ素材。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20170624110846j:plain

このシャツ、店でたたんでいるときはさほど感じませんでしたが、向こうが透けて見えます。
ちょっとわかりづらいですが、向こうの景色が見えています。
そのため通気性はかなり良さそうです。
f:id:gami_bookmark:20170624110921j:plain

この写真だとシャツの奥にビルが見えるのわかりますよね?
f:id:gami_bookmark:20170624111001j:plain

LENO CLOTHの着心地

実際に着てみた感じですが、メッシュ素材ということもあり、かなりサラサラで着心地いいです。
最高気温30度の日にデビューさせたのですが、ベタベタ吸い付くこともなかったです。
明らかに風通りがよく、そもそも汗自体そんなにかかない。

これはこれから真夏の季節にかなり使えそうなシャツですね。
ただし、このシャツ、スケ感がすごいので下着選びますね。
写真だと分かりづらかったので撮るの諦めたのですが、腕なんか肌色がわかるレベルで透けるんです。
ですので、黒はもってのほかですが、グレーの下着でも結構すけて恥ずかしい感じ。
ここは無難に白か肌色の下着を選びましょう。

真夏のシャツ

ということで、今回は鎌倉シャツのLENO CLOTHのご紹介でした。
年中着るシャツではないのですが、7~9月の時期には是非着たいシャツです。
わたしもあと1枚は買い足そうかなぁと思っています。
鎌倉シャツでも夏シャツとしていろいろな柄、デザインで展開してますので見てみて下さい。

なお、鎌倉シャツについてはこちらの記事にまとめています。
あわせてごらんください。

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事