【無印良品 メガネ拭き】コスパ最強の携帯用メガネ拭き

f:id:gami_bookmark:20200313104535j:plain

わたしはアイコンにもあるとおりメガネ愛好家です。
目が悪いのでメガネが必要なのですが、もはや体の一部になっており、メガネなしでは恥ずかしいくらい。
そんなわたしのメガネはエフェクターのメガネ。
関連生地:【EFFECTOR fuzz レビュー】国産手仕事で質実剛健ながら個性的なデザインのメガネ(エフェクター) - ガミログ

愛用中です。
メガネを使う人は必ずメガネ拭きが必要ですよね。
指で触ったりすると油汚れがついちゃいます。
どんなメガネ拭き使ってますか?
わたしは最近無印良品の携帯用メガネ拭きを愛用しています。
これがかなりいいので、今回ご紹介したいと思います。
f:id:gami_bookmark:20170518133657p:plain

メガネ拭き

メガネを買うとお店でケースとメガネ拭き付けてもらうことってありますよね。
わたしもそれを愛用してました。
でも、よく無くして、結局ハンカチで拭いちゃうとか…
ハンカチで拭くと傷がつくんで本来はダメです。
メガネ拭きだけももちろん売ってるんですが、なかなかそれだけ買うこともなく…
そんなこんなで汚れたメガネのまま使ってるなんてこともありがちです。

ティッシュも使ってみた

そこで、一番使ってたのが、鼻セレブ。

そう、ティッシュペーパーです。
これだとオフィスのデスクに常備しておいて使えるので無くしても大丈夫。
普通のティッシュペーパーよりも柔らかいので傷になりにくい。
ということで使っていたのですが、繊維がつきます。
どうしてもティッシュの白い繊維がついて、気になるんです。

無印良品のメガネ拭き

繊維が残らないものを探してて偶然、無印良品の店頭で偶然見つけました。

f:id:gami_bookmark:20170518133201j:plain

小さい商品で目立つことはなく、ひっそりと売られています。
84円というお値段でしたので躊躇せずに試してみました。
これが大当たり。
もう、これに決まりです。
繊維はつかないですし、レンズが傷つくこともないです。
こんなアクリル系の付箋布でできています。
f:id:gami_bookmark:20170518133249j:plain

とにかく、安いのがいい。
メガネ拭きを消耗品として使えます。
いつもネットでまとめ買いしておきます。

3箇所に置いてます

このメガネ拭きを持ち運び用にカバンの中と、オフィスのデスク、家の3箇所に置いて使ってます。
この3箇所でほぼ全て。
使いたい時に使えるのがいいですね。
また、無印良品のお店ですとたいがいどのお店でも(小さいお店でも)この商品は置いてます。
なくなっても買い足せる安心感は大きいですね。
実際に出張のときでも買い足せました。

メガネを使う全ての方へ

もう、メガネケースの中のメガネ拭きは使わなくていいです。
このメガネ拭きを使ってみてください。
たいがいの汚れは落とすことができますよ。
なお、かなり汚くなった時にはこちらを使ってます。

こちらを使うとメガネ屋で洗浄してもらうレベルでキレイになります。
あわせて、こちらもオススメです。

なお、無印良品の商品はLOHACO(ロハコ)でも買うことができます。
LOHACO(ロハコ)ですとTポイントがたまるのでTポイント貯めている方はこちらから買ったほうがお得ですね。

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事