【ティンバーランド3アイレットクラシックラグ】スニーカーみたいに使いやすいデッキシューズ(サイズ感・革の伸び方etc.)

f:id:gami_bookmark:20220109110725p:plain

今まで手を出してなかったデッキシューズにはじめて手を出してみましたがめちゃくちゃ履きやすいですね!
こんなに履きやすいとは思わなかったです。
もっと早く知っていればよかった〜。
久しぶりに買って本当によかったと思う靴に出会えました。
ティンバーランドの3アイレットクラシックラグというデッキシューズです。

なんにでも合う革靴で毎日のように履いています。
スニーカーのように使い勝手のよい革靴ですのでガンガン履けますよ〜

ティンバーランドのデッキシューズ

ティンバーランドといえば、BBOY御用達のブランド。
特に有名なのは黄色いブーツの6インチプレミアムブーツですね。
↓こんなやつ

ヒップホップというか、ブラックミュージック好きな方はみんな通ってきているブランドなのではないでしょうか?
そんなティンバーランドのデッキシューズが3アイレットクラシックラグです。

6インチプレミアムブーツはだいぶ主張が強くて、ギラギラしたイメージありますが、デッキシューズはとても落ち着いた大人の靴。
f:id:gami_bookmark:20220109105439j:plain

いろんなシチュエーションで履くことのできる革靴です。

ティンバーランド3アイレットクラシックの見た目

私が購入した3アイレットクラシックラグの色はブラウン(茶色)です。

購入当初はこんな感じのいわゆる焦げ茶色のような濃い茶色をしています。
f:id:gami_bookmark:20220109105505j:plain

このブラウンの他にバーガンディもあり、こちらはもっと赤味がかった茶色でした。

見た目はまさにデッキシューズといった感じで、足を入れる口が広く取られています。
f:id:gami_bookmark:20220109105538j:plain

このおかげで脱ぎ履きがとても楽。
気軽にスニーカー感覚で履ける革靴です。

デッキシューズらしさは靴紐にあります。
f:id:gami_bookmark:20220109105611j:plain

360度取り囲むように太めの紐が配されていて、履き心地を調整できます。
オーセンティックな雰囲気を盛り上げてくれるディテールで、かっこいい。

最初はこの靴紐がなかなか硬くて結びづらいのですが、すぐに柔らかくなりますのでご安心を。

デッキシューズの特徴であるモカシン縫いの縫い目は大きく主張があります。
f:id:gami_bookmark:20220109105646j:plain

この縫いを手縫いでやっているのがこの革靴の特徴です。
そのせいか、縫い目に雰囲気があり、柔らかさを感じます。
強度的にも手縫いのほうが高まるようで、長く使いたい革靴にはありがたいポイントです。
靴の後ろにもしっかりとした縫い目があります。
f:id:gami_bookmark:20220109105718j:plain

ソールはブーツのようなラバーソール。
f:id:gami_bookmark:20220109105735j:plain ティンバーランドらしさがありますね。
こう見えて柔らかく、軽いのでかなり歩きやすいです。
雨の日もなにも気にせず使えますね。

 サイズ感に注意(ワイズは2種類あります)

この革靴を購入する際に一番悩んだのがサイズ感です。
購入前からかなり革が伸びると聞いていて、実際どのくらいを選べばいいかわからず店員さんにかなり相談しました。

私は最終的に25cmの靴を買いましたが、普段はコンバースのオールスターは9 1/2(27.5cm)を履いています。
普段のスニーカーからはもちろん、他の革靴よりも小さなサイズを選びました。
このサイズで長さはピッタリです。
ほぼ遊びのない感じ。

ですが幅はかなり窮屈に感じていて、大丈夫かな?と思いましたが、店員さんがこれが絶対言いとゴリ押ししてくれました(笑)
初日はかなり足の指が痛かったですが、2日目にはすでに少し伸びていたようで足の指が痛むことはありませんでした。
購入初日、まだまだきつくて靴紐が広がっています…
f:id:gami_bookmark:20220109105815j:plain

購入して3日連続履いたのですが、3日履き終わったあとにはもう痛みはなく、ぴったりになっていたのです。
革の伸びがいいのはもちろん、すぐに伸びるのですね〜。
夏にも履きたかったのでこのサイズで本当によかったなーと思いました。

ちなみに注意点ですが、この革靴には2つのワイズがあります。
MワイズとWワイズがあり、Mが並行輸入品に多い普通のワイズで、Wが国内正規品に多い幅広めのワイズです。
私の靴はWのワイズです。
日本人らしい甲高の足なのでWのワイズでよかったですね。
足の長さで選ぶことができます。

通販をする際には気をつけてください。

なんにでも合わせやすい革靴

購入してからかなりのすぐに1軍になり、毎日のように履いています。
どんなパンツにも合わせやすいのです。

デニムはもちろんバッチリです。
f:id:gami_bookmark:20220109105947j:plain
靴が馴染んできていて靴紐の幅が少し縮まっています。

テーパードの効いたコーデュロイパンツにも合います。
冬らしい合わせができて使えますよ。
f:id:gami_bookmark:20220109110028j:plain

ビジネスカジュアルとしてチノパンにも合います。
とくにブラウンとの相性はばっちりで、大人っぽく履くこともできますね。
f:id:gami_bookmark:20220109110045j:plain

夏にはハーフパンツとも合わせることを楽しみにしています!

スニーカーみたいな履き心地

とにかく毎日履いてます。
どんなパンツにも合わせやすいことはもちろんなのですが、脱ぎ履きしやすいので気軽に使えます。
3アイレットクラシックラグは靴べらなしでも大丈夫なのでスニーカー感覚で履ける革靴です。

エイジングはこれから楽しみますが、傷も汚れもかっこよく見える靴だと思いますので神経質にケアするつもりはありません。
日常使いにいろんなシチュエーションで履き込んで自分だけの革靴に育てていきたいと思います。
ケアやエイジングについてもまたご紹介します!
買ってよかった!本当にそう思える革靴です。
カジュアルで使い回せる革靴を探されている方にはかなりおすすめできますので、検討してみてください。

私は職場がビジネスカジュアルOKなのでこの靴を履いて行っています。
オンにもオフにも使える便利な革靴ですね。
このブログではその他にもオンにもオフにも使える革靴を紹介していますのでこちらの記事もあわせて読んでみてください。

なお、革靴を保管しておくために必要なシューキーパーは、無印良品のシューキーパーを使っています。
お値段そんなに高くありませんが、防虫・消臭効果があるレッドシダーを使った本格的なシューキーパーです。
革靴を買われる際には一緒に検討してみてください。

革靴のメンテナンスについて(靴磨き)

革靴は定期的にメンテナンスする必要があります。
この靴磨きも革靴の楽しみにひとつですね。
革靴への愛着が増すこと間違いなしですので、ぜひやってみてください。
このブログでは、私を含めた初心者の方がとりあえずやっておきたい靴磨き・メンテナンスについて紹介しています。
靴磨き・メンテナンスに必要なアイテムと、靴磨きのやり方について説明しています。

詳しくはこちらの記事をごらんください。

革靴の消臭対策

私が革靴の消臭対策に使っているのはLUSHのパパの足というフットパウダーです。

このフットパウダーは足の消臭用のパウダーなのですが、革靴の消臭効果もあります。
1日履いた革靴にふりかけておくと翌日かなり匂いが軽減されます。
f:id:gami_bookmark:20171217091620j:plain

こちらの記事で詳しく紹介していますのでごらんください。