【KINTO コーヒーカラフェ】ステンレスと紙のフィルターが使える見た目も美しいコーヒードリッパー

f:id:gami_bookmark:20200505125424j:plain

家で飲むコーヒーを少しでも美味しくしたい。
そんな思いから家でのコーヒーライフを充実させようとしています。
お気に入りのコーヒーショップから豆を取り寄せて、お気に入りのコーヒーでいっぷく。
そんな時間を少しでも豊かにできればと思っています。
この記事ではそんなコーヒーをいれるドリッパーとコーヒーサーバーについて紹介します。
KINTOコーヒーカラフェという製品です。

円錐状のフィルターを使ったデザインのかわいいコーヒドリッパー&サーバー。
見た目も使い心地もかなりいいおきにりのコーヒーアイテムです。

KINTOとは

KINTOは、1972年、滋賀県彦根市にて創業した食器の会社です。

デザイン性は高いですが、使いやすい日常に使えるモノを作っているメーカーで、現在は世界各国にて商品を販売しています。
触れるたび、使うたび、こころ満たされるものづくり
そんな テーブルウェアやドリンクウェア、インテリア雑貨などを作っています。

特にこの生地で紹介するコーヒーカラフェはコーヒー屋さんや雑貨屋さんで最近みかけるようになりましたが、ブランドを代表する製品です。
お店でその見た目、質感に惚れて思わず手にとっていました。

コーヒーに関してはSLOW COFFEE STYLEを提案しています。
ゆっくりコーヒーの時間を楽しんでもらいたい、そんな思いのあるメーカーです。
f:id:gami_bookmark:20200505115920j:plain

KINTOコーヒーカラフェの種類

そんなKINTOの製品の中でこの記事で紹介するのはコーヒーカラフェです。
コーヒーカラフェはドリッパーとコーヒーサーバーがセットになった製品。
大きさは300mlの2杯用と、600mlの4杯用の2種類あります。

2杯用といいながら大きめのマグカップを使う方なら1杯ちょっとくらいの容量になるかも。
1人用として使うのであれば2杯用のコーヒカラフェを使った方がよいと思います。

私はは2杯用のコーヒーカラフェを買いました。
このコーヒーサーバーのまるっとした感じとフィルターの三角形の感じがたまらなくかわいい。
このフォルムに一目惚れしちゃいました。

KINTOのかわいい箱

KINTOのものづくりの丁寧さがみてわかるのが箱です。
こんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20200505120554j:plain

箱全面に素敵な雰囲気のイラストが描かれています。
側面を使ってコーヒーのいれ方を紹介しているのがとてもかわいいです。
f:id:gami_bookmark:20200505120627j:plain

こういうところにもものづくりの本気さが伝わってきます。
箱も捨てずにとってインテリアとしていますよ。

ステンレスフィルターセットといれ方

コーヒーカラフェにはステンレスフィルターのものと、プラスチックのドリッパーがついてペーパーフィルターを使えるものがあります。
私は他のドリッパーでペーパーフィルターを使っていましたので、最初はステンレスフィルターのタイプにしてみました。

ステンレスフィルターのセットの内容はこの3点です。
f:id:gami_bookmark:20200505120704j:plain

左から、サーバー、ステンレスフィルター、ドリップホルダーになります。
このドリップホルダーには、ドリップが終わったフィルターを置くのですが、これがかなり便利なのです。

使い方はペーパードリップと同じでいいです。
少し粗目に挽いたコーヒー豆をセットして、お湯をかけて蒸らします。
f:id:gami_bookmark:20200505120731j:plain

その後、ペーパードリップと同様にお湯を注いでください。
f:id:gami_bookmark:20200505120804j:plain

ステンレスフィルターの飲み口

初めてステンレスフィルターを使ったコーヒーを飲みました。
明らかにペーパードリップしたものとは違ったのでびっくりです。
コーヒーのオイルがそのままコーヒーに残っているので飲み口はねっとりした感じです。
f:id:gami_bookmark:20200505122846j:plain

そして味も深みがあると思います。
ドリップしたコーヒーには微粉が含まれていてこんな感じで溜まっています。
f:id:gami_bookmark:20200505123003j:plain

好き嫌いがあるかと思いますが私は嫌いではないです。
しっかりした味のコーヒーが飲みたいときにはステンレスフィルターを選びたいと思います。

ペーパーフィルターでも使えます

ステンレスフィルターのセットと合わせて、ペーパーフィルターでもいれれるようにドリッパーだけを別で買っておきました。
こんな形のドリッパーです。
f:id:gami_bookmark:20200505123039j:plain

カラフェのコーヒーサーバーではこのプラスチックドリッパーがあればペーパーフィルターを使うことができます。
ステンレスフィルターとペーパーフィルターの両方が楽しめますよ。

あわせて真っ白なKINTOのペーパーフィルターも合わせて買っておきました。
ペーパーフィルターでいれればいつものコーヒーです。
コーヒーサーバーのデザインのおかげでいつもよりも美味しく感じますww

ちなみにペーパーフィルターのカラフェセットもあり、こちらも2杯用と4杯用があります。

KINTOコーヒーカラフェ まとめ

ということで、この記事ではKINTOコーヒーカラフェについてご紹介しました。
見た目も美しいコーヒードリッパー&サーバーのセットです。
ステンレスフィルターもペーパーフィルターも使えますのでひとつあるといろんなコーヒーを楽しむことができると思います。
ぜひ皆さんのコーヒーライフに取り入れてみてください。

よりコーヒータイムが気持ちいいものになりますよ。
f:id:gami_bookmark:20200505123223j:plain

コーヒー豆は近所のコーヒー屋さんで買うのもいいですが、お取り寄せもおすすめです。
この写真に写っているコーヒー豆は福岡のREC COFFEEさんから取り寄せました。
トライアルセットという4種類の豆をお試しできるセットで、お値段もお得ですので、ご興味がありましたら試してみてください。
f:id:gami_bookmark:20200507083351j:plain

このREC COFFEEのトライアルセットの詳細については、REC COFFEEのトライアルセット紹介記事にて詳しく紹介していますのであわせてごらんになってください。

なお、KINTOのようなMade in Japanのおすすめの製品については日本製のいいものまとめにてまとめて紹介しています。
こちらも合わせて御覧ください。

また、同じKINTOのアイテムとしてKINTOのトラベルタンブラーを愛用しています。
f:id:gami_bookmark:20200803115241j:plain

リモートワークのときにデスクで飲み物を飲むときに使っていますが、シンプルで優しいデザインで使い心地はバツグンです。
マイボトルを探されている方におすすめですよ。

KINTOのトラベルタンブラーについてはこちらの記事にて紹介していますのであわせてこちらも読んでみてください。

レコードを聴きながらコーヒータイム

私はいつもコーヒーを飲む際にはお気に入りのレコードを聴きながらコーヒーを楽しんでいます。
とても優雅な時間です。
特にジャズや、ブラジルの音楽などがコーヒーにはぴったりだと思います。
以下の記事でおすすめのジャズ、ブラジルの音楽をご紹介していますのでこちらも参考にしてみてください。

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ

また、レコードを聴くための環境は初心者向けレコード環境にて紹介していますのでこちらもあわせて御覧ください。

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

大衆酒場

東京の酒場
大阪の酒場

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事