【鹿児島おすすめ焼酎】お土産にもぴったりな通っぽいおすすめの焼酎まとめ

f:id:gami_bookmark:20200126102430j:plain

鹿児島といえば芋焼酎が有名ですよね。
近年は芋焼酎ブームもあり、全国各地で芋焼酎を手に入れることができるようになりました。
そのため、鹿児島旅行のお土産に芋焼酎を買って帰っても近所のスーパーに売ってたなんてこともあったりします。
そこで今回は鹿児島旅行のお土産にピッタリな芋焼酎のおすすめをご紹介です。
鹿児島以外では手に入りにくい、手に入ったとしても高いものを集めてみました。
鹿児島旅行のお土産選びの参考にしてもらえると嬉しいです。

ロックで飲みたい芋焼酎「富乃宝山」

鹿児島での芋焼酎の飲み方は水割りかお湯割りがメインです。
他の地域の方はロックで飲まれる方も多いですよね。
そんなロックで芋焼酎を飲みたい方におすすめなのが冨乃宝山です。
この焼酎はロックで飲める芋焼酎を目指して作られていてとてもフルーティーな飲み心地。
芋の香りがさほど強くはないので芋が苦手な方でも飲めるのではないでしょうか?

濃厚な旨味の芋焼酎「侍士の門」

薩摩藩の侍達が飲んでいたであろう焼酎を再現させることをコンセプトにつくらたのが侍士の門です。
濃厚な旨味とキレがあるこの焼酎は原料にこだわりがあります。
白玉米という米を麹に使いました。
この米は明治時代まで栽培されていましたがその後生産が途絶えていた幻の酒米です。
甘みを抑えられているので決して飲みやすい焼酎ではないですが、芋焼酎が好きな人にはたまらない焼酎だと思います。
こちらの焼酎もロックで飲むことをおすすめします。

お湯割りがおいしい芋焼酎「なかむら」

霧島連山の伏流水で作られる霧島のおすすめの焼酎がなかむらです。
この焼酎は最近関東でもかなり焼酎にこだわりのあるお店で飲むことができるようになってきました。
そんなお店ではプレミアホテル焼酎(森伊蔵や村尾など)と肩を並べて提供されています。
明治時代から手作りで焼酎を作っている中村酒造の焼酎でとにかく味がまろやか。
断然お湯割りがおすすめの焼酎です。
家でじっくりひとりで飲みたいタイプのお酒です。

少量生産の丁寧な芋焼酎「大和桜」

いちき串木野市にある大和桜酒造がつくる大和桜は少量生産の美味しい芋焼酎です。
丁寧につくられたその焼酎はすっきりとした味わいのどんな料理にでもあう焼酎です。 個人的にはお刺身にぴったりだとおもいています。
喉越しよく、甘口ですっきりした飲み口で、万人に受ける焼酎だと思います。
ご飯を食べるときに飲む焼酎におすすめです。

冷やしてのみたい黒糖焼酎「れんと」

次にご紹介する焼酎は黒糖焼酎のれんとです。
鹿児島県の離島、奄美大島の焼酎で、その名の通り離島で栽培がさかんな黒糖を使っています。
芋焼酎とは違いますが、芋焼酎が好きな方はまちがいなく好きだと思います。
芋焼酎よりもすっきりとした甘みのある焼酎ですので、うえで紹介した大和桜と同様に食事のときにも飲める焼酎です。
飲み方は断然水割りがおすすめです。
すっきりと飲めるいい焼酎ですよ。

鹿児島で焼酎を買うなら

鹿児島旅行にきて焼酎をお土産にするのであればおすすめの場所があります。
天文館の近くにある薩摩酒蔵です。
ものすごい数の焼酎が売られていて、一升瓶も5合瓶もありますので選び放題です。
また、黒じょかや、お湯割り用のグラスなど、焼酎を飲むときにつかう道具も売っています。
是非、少し足を伸ばして買いに行ってみてください。

薩摩酒蔵についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
合わせて御覧ください。

お土産としての焼酎

ということでこの記事ではちょっとだけめずらしい鹿児島のお土産にぴったりな焼酎についてご紹介しました。
どのお酒も私自身が気に入ってて、帰省や、お客さんにお土産として買っていっている焼酎でおすすめです。
ぜひ、鹿児島旅行のお土産に焼酎を買ってみてください。

もちろん、ご自身で飲んでみて気に入った焼酎もお土産に選んでみてくださいね。
鹿児島で焼酎も飲める居酒屋についてはこちらの記事にまとめていますので参考にしてみてください。

なお、焼酎以外のおすすめのお土産についてもこちらの記事で紹介しています。
おすすめのお菓子を紹介していますのでお土産選びの参考にしてください。

鹿児島ひとり旅

ファッション

仕事道具

ひとり旅

音楽

新着記事