【ヴィアイン心斎橋四ツ橋 口コミ】心斎橋・難波にも徒歩で行けるキレイで快適設備充実のビジネスホテル

f:id:gami_bookmark:20191030113626j:plain

大阪でひとり旅をする際によく泊まる場所のひとつが四ツ橋エリアです。
このエリアは心斎橋や、難波にも歩いていける場所なのですが、繁華街からは少し離れているので意外と静かな場所。
周辺には落ち着いた飲食店もあり、ひとり旅で泊まる場所にはもってこいです。
そんな四ツ橋エリアにはホテルが増え始めていて、私も色々泊まって試しています。
この記事では、このエリアでは比較的新しいホテルであるヴィアイン心斎橋四ツ橋をご紹介します。

このホテルはとにかくキレイで、部屋が広めです。
ヴィアイングループは全般的にそういった印象がありますが、ここのホテルは新しいこともあり(2019年7月オープン)その中でも特にキレイで広いホテルでした。

ヴィアイン心斎橋四ツ橋は四ツ橋駅徒歩2分

この記事でご紹介するヴィアイン心斎橋四ツ橋の最寄り駅は地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅になります。
2番出口からすぐの場所です。
地図だとこちらになります。

本当に出口からすぐの場所にあります。
このホテルの近く、というか道をわたったすぐの場所にはもう一つ、ヴィアイン心斎橋長堀通というホテルがありますので間違わないようにしてください。
そのホテルもわたしのおすすめホテルの一つでこちらの記事で紹介していますので合わせて御覧ください。

ヴィアイン心斎橋四ツ橋の外観

ヴィアイン心斎橋四ツ橋の目の前には長堀通りという大きな道があります。
この大通り沿いにホテルがありますので迷うことはありません。
f:id:gami_bookmark:20191030112254j:plain

四ツ橋駅の2番出口を出てすこし歩くとこのような看板が出ています。
ちなみに、ですが、このホテルの1Fはイオンになっています。
f:id:gami_bookmark:20191030112337j:plain

食料品はすべてここで揃いますので買い物にも便利な場所です。
ホテルの受付は2Fになりますのでエレベーターを使って2Fに上がってください。
f:id:gami_bookmark:20191030112506j:plain

ホテルのエントランスは広く、和を意識したキレイな空間が広がっていました。

ヴィアイン心斎橋四ツ橋のデラックスダブルルーム

もともとはシングルルームで予約していたのですが、無料でアップグレードしていただき、デラックスダブルルームに宿泊しました。
広さは20㎡で、ベッドのサイズは180センチのキングサイズのお部屋です。
ひとりには少々贅沢でしたww

部屋の入口には玄関スペースがあるくらい広いです。
f:id:gami_bookmark:20191030112548j:plain

部屋に入ると、窓際にテーブルセットがあります。
こういうデスクがあるところは部屋のスペースに余裕があるところです。
f:id:gami_bookmark:20191030112614j:plain

このデスクで十分PC仕事ができる広さでした。

ベッドはかなり広く、これ以上ない快適さです。
f:id:gami_bookmark:20191030112716j:plain

ベッドの硬さは硬すぎず、柔らかすぎずのちょうどいい感じ。
大きいですが、沈み込むこともありませんでした。

壁掛けのテレビは部屋の広さに合わせて大きめのものが使われています。
f:id:gami_bookmark:20191030112744j:plain

水回りも申し分のない広さです。

このデラックスダブルルームはトイレと風呂が別れている贅沢仕様。
広い湯船でゆっくりつかることができます。
f:id:gami_bookmark:20191030112822j:plain

洗い場には椅子もついていて、ビジネスホテルとは思えませんね。
f:id:gami_bookmark:20191030112846j:plain

洗面台も独立しています。
大阪でビジネスホテルの中ではトップクラスの内装だと思います。
f:id:gami_bookmark:20191030112922j:plain

とにかく広くて、キレイな部屋ですので、どなたでも満足できると思います。

ヴィアイン心斎橋四ツ橋の部屋の設備

次は、ヴィアイン心斎橋四ツ橋の部屋に備わっている設備についてもご紹介します。
まずは空調ですが、当たり前の個別空調です。
f:id:gami_bookmark:20191030113039j:plain

古いホテルだと一括の空調管理になっていて、自分の好みに設定できないこともありますが、新し目のホテルはどこも個別になっていますね。

ベッドサイドにはコンセントと、USB給電用のコネクタ、各種スイッチがあります。
f:id:gami_bookmark:20191030113131j:plain

目覚まし時計を置いているスペースが何気に便利で、ちょっとした飲み物を置いたり、スマートフォンを置いたり。
こういうスペースがあるとベッドのうえが快適になりますね。

残念な点としては、ハンガーをかける場所。
こんな感じで壁にかけるタイプです。
f:id:gami_bookmark:20191030113158j:plain

かけるもの多くなると重なってシワになるんですよねぇ。
ですが、ハンガーが多いのは嬉しいポイントです。

面白かったのが、テレビ前にある電源コンセントのところです。
f:id:gami_bookmark:20191030113238j:plain

試してないのですが、HDMI端子があるので、おそらくパソコンの画面をテレビに表示できるのだと思います。
旅行で撮った写真をテレビで見る、なんてことができるのはうれしいですよねぇ。
今度行ったら試します。

ちなみに部屋着はワンピースタイプでした。

「ヴィアイン心斎橋四ツ橋 口コミ」まとめ

ということで、今回は心斎橋・四ツ橋エリアにあるおすすめのホテル、ヴィアイン心斎橋四ツ橋のご紹介でした。
四ツ橋という便利でありながら静かな場所にあるホテルで、のんびり泊まることができると思います。
まだ新しいホテルですので、キレイなのはもちろん、設備も充実していて快適そのもの。
難波や心斎橋を楽しみたい方におすすめできるホテルです。

なお、このホテルの他にも年間100泊出張している私がおすすめする大阪ひとり旅におすすめのホテルについてにまとめました。
こちらの記事も合わせて御覧ください。

また、ホテル以外にも大阪ひとり旅に役に立つ情報をこちらにまとめています。
こちらもあわせてご覧ください。

最安で泊まるなら

ホテル宿泊予約サイトって決まっていますか?
例えば、楽天カードを持っていて、楽天ポイントをためているのであれば、楽天トラベルで予約した方がお得ですね。

楽天カードについてはこちらの記事をごらんください。

ですが、特に予約サイトが決まっていないのであればホテル料金比較『トリバゴ』 を使うことをオススメします。
いろんな宿泊予約サイトを比較して最安のサイトを紹介してくれますよ。

くわしいレビューは以下の記事をごらんください。

タビ・マガジン

このブログでご紹介している旅行・観光の情報についてはマガジンにしています。
東京、大阪、福岡、鹿児島などの地方ごとの情報や、旅に役立つ情報もまとめていますので、是非御覧ください。