【tama's TSH58SGO イヤホンレビュー】コンビニで買える低価格(1500円以下)でハンズフリーまでついた重低音重視のイヤホン

f:id:gami_bookmark:20190920081454j:plain

旅のお供に音楽はかかせません。
最近は音楽を持ち歩かなくても配信サービスが充実しているので気軽に聴ける環境が整ってますね。
私もレコードを買いながらも移動時、旅行時には音楽配信サービスを活用しまくってます。

音楽を持ち歩くときに必要なのがイヤホンですね。
このブログでもいくつかイヤホンをご紹介してきました。
最近のわたしのおすすめはfinal ファイナル E2000Cです。

このイヤホンが旅行中に断線してしまい、急遽新しいイヤホンを手に入れることに。
そこで手に入れたイヤホンが今回ご紹介するtama's TSH58SGOです。
急遽なのでコンビニで買いましたし、値段はかなり安めの1500円弱。
期待せずにとりあえず繋ぎにと思って買ったのですが、なかなかどうして、使えます。
音に特段こだわりがあるわけでもなく、とにかく安いイヤホンがほしい方におすすめできるイヤホンでした。

tama'sとは

今回ご紹介するイヤホンのブランドはtama'sといいます。
あまり聞き慣れないかもしれませんが、日本のメーカー多摩電子工業株式会社のブランドになります。
イヤホンはもちろんモバイルバッテリーなども作っているブランドです。
今回ご紹介するイヤホンの他にも、ブルートゥースのイヤホンも有名ですね。
f:id:gami_bookmark:20190920075631j:plain

多摩電子工業株式会社自体は1976年に創業されており、歴史のある会社です。
自社工場を中国に持っているので日本製ではないですが、品質管理はしっかりしてそうです。

HPもしっかり作られているのでこちらものぞいてみてください。

多摩電子工業株式会社 – 多摩電子工業株式会社

TSH58SGOは「ステレオイヤホン&ハンズフリー」

今回私が購入したイヤホンはTSH58SGOというモデルです。

このモデルは主要な機能として、ステレオイヤホンハンズフリーが搭載されています。
私がこのイヤホンを選んだ理由のひとつがこのハンズフリーです。

最近会社でリモートワークする機会が増え、そのときにテレビ会議をするのですが、ハンズフリーのイヤホンが前からほしいと思っていました。
もちろん通話にも使えます。
これまで使っていたイヤホンではハンズフリーがついてなかったので別に買おうと思っていました。
ですので、イヤホンが壊れたこのタイミングで手に入れることにしました。

TSH58SGOは黒✕ゴールドのタイプになります。
その他にも黒✕黒、白✕白もありますので、そこはお好みで選んでみてください。

TSH58SGOの外観

では、TSH58SGOの外観をご紹介します。
本体はこんな感じです。

アルミボディですので、安っぽさはありませんね。
金色の部分がアルミになっていてむしろ高級感があります。
f:id:gami_bookmark:20190920080133j:plain

大きさの印象は大きめです。
しっかりした本体という感じです。

そしてケーブルはフラットケーブルです。
f:id:gami_bookmark:20190920080215j:plain

フラットケーブルですので絡まりにくいですね。
ですが、すこし材質が安っぽいでしょうか、ビニール感がかなり強いです。
マットなフラットケーブルだとよかったなぁ。
少し見た目として残念なポイントです。

そしてプラグはL字プラグ。
やはり断線の確立減ると思うので私はL字プラグが好きです。
f:id:gami_bookmark:20190920080254j:plain

ケーブルは少しチープですが、その他の見た目は安っぽくなく、全体的にはいい感じだと思います。

TSH58SGOの音質

気になる音質についてもご紹介しておきます。
印象を一言で言うと、低音重視

低音はかなり鳴りますね。
ですので、電子音を多めに使っているダンスミュージックなどには特に相性がいいです。
私がこのブログでおすすめしている音楽で言うと、the engyや、WOMANなどがぴったりな感じでした。

the engy についてはこちら

WOMAN についてはこちら

逆にJazzを聴いてみましたが、ベースはかなり迫力が出ます。
金管楽器の生々しさが少し少ないかもしれませんね。

ですが、全体的には迫力のあるサウンドで満足です。

「tama's TSH58SGO レビュー」まとめ

ということで、今回はtama'sのイヤホンTSH58SGOのご紹介でした。
1500円弱という値段の割に、見た目も音質も、安っぽくないので1500円以下のイヤホンを探されている方にはおすすめできます。
ハンズフリー機能もついていて、通話に、テレビ会議にも使えますので、メインの音楽用のイヤホン以外に持っていてもいいかもしれませんね。
私は当分音楽用とテレビ会議用と兼用として使ってみようと思います。
ケーブルにはハンズフリーの際に便利な操作ボタンがついていますよ。

f:id:gami_bookmark:20190920080528j:plain

オト・マガジン

このブログでご紹介しているおすすめのオト(音楽)についてまとめています。
基本的にジャンル関係なくおすすめの音楽と、周辺の情報(機材、お店など)をご紹介していますので、こちらのページも御覧ください。