【御多福珈琲@京都】細い階段を降りながらタイムスリップ、河原町にある雰囲気抜群の純喫茶

f:id:gami_bookmark:20190331085243j:plain

もはや、純喫茶巡りがライフワークの一つになっています。
おしゃれなカフェもいいのですが、ふと、純喫茶のあのタイムスリップしたような感覚を味わいたくなります。
今回は京都の純喫茶です。
京都は観光客も多く、どこに行っても賑わいがすごい。
そんな京都でゆっくりした時間の流れている喫茶店を見つけました。
お店の名前は、御多福珈琲です。

京都の繁華街河原町の純喫茶

今回ご紹介する御多福珈琲は、京都の河原町駅にあります。
出口からすぐの場所、地図だとこちらです。

京都大丸の横にありますので、大丸を目印にすればいいですね。
京都の中心地ですので、買い物の休憩や、少し歩くと八坂神社もありますので観光の休憩にも使えます。

八坂神社についてはこちらを参考にしてみてください。

京阪河原町駅の10番出口から出るとすぐです。
こんな感じのイケてる看板がすぐに出てくると思います。
f:id:gami_bookmark:20190331084712j:plain

こういうフォントも珍しいですよね。
喫茶専門というところがたまりません。

雰囲気抜群の細い階段

お店の入り口はこんな感じです。
もう、期待しかないです。
f:id:gami_bookmark:20190331084818j:plain

ここから細く、深い階段で下に降りていきます。
この階段もかなり雰囲気よくて、どこか秘密基地に向かっているようなイメージ。
f:id:gami_bookmark:20190331084853j:plain

階段を降りきると、ガラス窓のついたドアがお出迎え。
こじんまりとしたお店なので中を覗いて空席を確認できます。
ちょっと入りづらいかもですが、ここまできたら勢いで入ってみてください。
f:id:gami_bookmark:20190331084918j:plain

レトロな内装もいい雰囲気

お店の中はこれぞ純喫茶。
まずはカウンターです。
f:id:gami_bookmark:20190331084949j:plain

こんなかわいい椅子、たまんないです。
この椅子のしたの曲がったパイプのようなところが動くので実用的でもあります。
赤い絨毯にこの赤い椅子がたまらなくかわいい。

そしてテーブル席はこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20190331085010j:plain

こちらも赤で統一されています。
かなり小さなテーブルですがそこは基本的にコーヒーだけ飲むので問題なしです。

赤を貴重にして壁はこんな感じのタバコの煙で燻された茶色。
この組み合わせが最高に可愛いですね。
f:id:gami_bookmark:20190331085040j:plain

この雰囲気でいただく、丁寧に淹れたコーヒー。
純喫茶のコーヒーらしくさっぱりしているコーヒーをこちらもレトロなカップでいただきます。
f:id:gami_bookmark:20190331085058j:plain

こじんまりとした京都のオアシス

ということで、今回は京都の河原町にある純喫茶、御多福珈琲のご紹介でした。
周辺は京都の中心地でかなり賑わっていますが、ここの階段を降りるとそこは別世界です。
喫煙可ですのでタバコが苦手な方は要注意ですが、かなり落ち着ける場所ですよ。
ゆっくり休憩したい際にはぜひこちらのお店、使ってみてください。

お店の情報・予約はこちらから

周辺のおすすめのホテル

わたしが京都に行く際に定宿にしているホテルは、相鉄フレッサイン 京都四条烏丸です。

こちらのホテルは見た目に京都っぽさもあるので京都に来た感でるのが好きなポイント。
ホテル自体、かなり新しいのできれいですし、立地も駅(烏丸駅)から徒歩2分くらいとかなり使いやすい場所にあります。
今回ご紹介した御多福珈琲からも徒歩圏ですので、こちらのホテルを拠点に京都観光してみてはどうでしょうか?

ホテルのレビューはこちら

京都のおすすめ情報をこちらにまとめてみました。
ご旅行を計画の際にはこちらも参考にしてみてください。