【Thinkpad E480 レビュー】お値段以上の見た目とスペックの家庭用ノートパソコン(モバイルもぎりぎりOK)

Thinkpadトップ

これまで使っていたPCはThinkPadのE550を使っていました。
家庭用として実売5~6万円でCD/DVDドライブがついていてスペックもそんなに悪くない。
満足度はとても高くて、家族みんなで使っていました。

【ThinkPad E550 レビュー】持ち運ばない家庭用ノートPCとしてはThinkpadのEシリーズがオススメ

でも、流石に何年も使っているといろいろ問題が出てきます。
動作が遅くなりすぎて、ブログを書くことにも支障がではじめてきました。
そこで、買い替えを検討して、最終的に買ったのがLenovo の ThinkPad E480です。

ThinkPadシリーズも年々進化しているようで、とくに形少しずつスリムになってきているようです。
10万円以内でそこそこ性能のいいパソコンを探されている方にはおすすめできるノートパソコンです。

Thinkpad E480を選んだ理由

せっかくパソコンを買い換えるので今まで使っていたThinkPadとは違うパソコンを考えました。
Macbook、Macbook Air、VAIO、ASUSなどなど、、、
たくさんのパソコンを見ましたが、やっぱり高いんですよねぇ。
どれも15万円オーバー。
そんなの買えません。
そうなるとやっぱり選んでしまうのがThinkPad

キーボードが快適なのは有名な話ですよね。
わたしがThinkpadを選んでいた理由も一番大きいのはそこです。
さらに、Thinkpadにはいろんなシリーズがあり、その中で今回買ったのはやはりEシリーズです。
家庭用で、ほとんど持ち運ぶこともないので、そんなにモバイル性にはこだわりません。
で、値段も抑えたい。
そんなときはやはりEシリーズがおすすめですよ。

そして今回はドライブのないタイプを買いました。
実際にE550のときにはそんなに使うことがありませんでした。
唯一音楽CDの取り込みに使っていたのですが、今や配信サービス使うのでそれすら使わなくなりました。

ですので、ドライブのないE480を選びました。
公式ストアで頼むと、2週間くらいで家に到着です。
やはり、新しいパソコンが届くとテンションが上がりますね。

Thinkpad E480の外観はお値段以上

ということでまずは外観から。
Thinkpadの外観

やはりこのマットな黒が、たまらなく男心をくすぐります。
以前のモデルと比べると角ばった印象で、高級感がでて、より上位のシリーズであるXシリーズに近い感じです。

キーボードはこれぞThinkPadのキーボードです。
手をおくところが少し広いかなぁという感じですが、タイピングするときに手が落ちないので快適ですよ。
Thinkpadキーボード

ちなみに標準で指紋センサーがついています。
指紋でのログインになれるとパスワード入れたりするのは面倒ですね。
Thinkpad指紋センサー

薄さなんですが、思ってたよりも薄くてびっくりしました。
Thinkpad横

もちろんモバイル用ではないので、モバイル用のPCに比べると分厚いのですが、これまで使っていたE550よりは段違いで薄くて持ち運びやすいです。
さすがに歩いて持ち運ぶことはありませんが、車の旅行などでは十分もっていける分厚さだと思います。

お値段以上の高級感が今回のEシリーズにはあると思いました。

Thinkpad E480のインターフェイスは充実

ここからはLenovo ノートパソコン ThinkPad E480のインターフェイスについて説明します。
まずは右側から。
Thinkpad右

  • 有線LAN
  • USB2.0
  • マイクロSDカード

があります。
有線LANがあるのっていざというときに嬉しいですよね。
ホテルに泊まったときに、無線がスピードでなくてどうしようもないときとか有線に頼ります。
そんなときに便利ですね。
わたしは仕事ではSurfaceProを使っているのですが、これには有線ポートがありません。

【Surface Pro レビュー】持ち運び便利な高性能タブレットPC(Microsoft)

ですので、いつも念のためにUSBの有線LANコネクタを持って行ってます。

そして左側はこんな感じです。
Thinkpad左

  • 電源用USBタイプC
  • HDMI
  • USB2.0×2
  • ヘッドホン端子

です。
充実のインターフェイスで不足することはないと思います。

Thinkpad E480はサクサク動くスペック

今回わたしが購入したThinkPad E480のスペックはこんな感じです。

  • Core i5 8250U
  • 14.0型
  • 8GBメモリー
  • 128GB SSD
  • Windows 10 / Officeなし

これで実売8万円ちょっとでした。
他のメーカーだとこの価格はないと思います。

この中でポイントなのは、Core i5 8250Uです。
Thinkpad corei5

いわゆる第八世代のCPUでかなりパフォーマンスがいいです。
SSDとの組み合わせでかなり高速に作動します。
これまで使っていて、ストレスを感じることは全くありませんでした。

そしてストレージの容量は128GBです。
少し少ないと感じるかもですが、私はGoogle Driveや、One Driveなどのクラウドストレージを活用しているのでそんなにローカルに容量はいりません。
とくにOne Driveに関してはプレミアムにアップグレードして使っています。

「Thinkpad E480 レビュー」まとめ

ということで、今回はこのあいだ私が買い替えた新しいパソコンであるLenovo ノートパソコン ThinkPad E480のレビューでした。
お値段の割に見た目も、スペックも申し分ないと思います。
10万円超えるパソコンはちょっと無理だけど、そこそこしっかり使えるパソコンがほしい方におすすめです。

ちなみにオフィシャルストアでは、お得なクーポンが出ていることがよくあります。
まずは、そちらをチェックしてから買ってみることをおすすめしますよ。
楽天ポイントやAmazonのポイントと比較して、お得な方で買うようにしましょう。

なお、このアイテムも含んだわたしがおすすめする仕事道具についてこちらにまとめました。
こちらも合わせて御覧ください。