鹿児島の魅力たっぷりの駅弁「黒豚チャーシュー弁当」

f:id:gami_bookmark:20180923141707j:plain

旅行の楽しみといえば、食べること。
特に電車の旅だと、駅弁が楽しみですよね。
今回は鹿児島の駅弁をご紹介したいと思います。
いろんな駅弁がありますが、今回は鹿児島の魅力がつまった駅弁をご紹介したいと思います。

鹿児島中央駅で買えます

今回ご紹介する駅弁は黒豚チャーシュー弁当です。
こんなお弁当。
f:id:gami_bookmark:20180923140656j:plain

このお弁当は鹿児島中央駅でかえますよ。
鹿児島中央駅の新幹線改札(1箇所しかないです)の目の前のお土産売り場。
そこの一角にお弁当売り場があります。
そこにはたくさんの駅弁が売られており、そこで、買うことができます。
新幹線の改札のすぐ目の前なので乗る前に買うことができますね。

西郷どんどんかごんま

このお弁当をはじめ、いくつかのお弁当にはこんなシールが貼られています。
f:id:gami_bookmark:20180923140710j:plain

このシールは平成30年の大河ドラマ「せごどん」に決まったことで、誘客活動を推進するためにつくられたマークです。
このマークは鹿児島県に届け出を出して使えるようになるもの。
ですので、鹿児島らしいものとして間違いのないものに貼られていることになります。

鹿児島らしい食材

ということで、鹿児島っぽいこのお弁当の中身を見ていきます。
まずは全体でみるとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20180923140723j:plain

結構ボリュームたっぷりのお弁当ですね。
3つのスペースに分かれているので、1つづつみていきます。
まずは右のスペース。
f:id:gami_bookmark:20180923140833j:plain

こちらは白ごはんの上に卵焼きと豚の角煮がのっています。
この豚の角煮がまさに鹿児島の味
甘い味付けで柔らかく煮込まれた豚は最高ですね。

次に真ん中のスペース。
f:id:gami_bookmark:20180923140848j:plain

こちらは煮物と、さつま揚げがね、こんにゃくなどです。
このさつま揚げとがねが、鹿児島の味です。
さつま揚げは有名ですが、がねはあまり知られていないですよね。
がねは、さつまいもと粉類を使い、油で揚げたもので甘いかき揚です。

そして左のスペース。
f:id:gami_bookmark:20180923140903j:plain

こちらはかしわめしの上に黒豚チャーシューが乗っています。
まさに鹿児島の黒豚料理。
ご飯にあいます。

鹿児島をかんじれるお弁当です

ということで今回は鹿児島の駅弁黒豚チャーシュー弁当をご紹介しました。
同じような名前の駅弁は他にもありますので、パッケージを確認して買ってみてください。
鹿児島に新幹線で旅行する際には帰りに食べてみてはどうでしょうか?

大阪方面から新幹線で移動するのであれば、さくら・みずほがおすすめですよ。

関連記事:まるでグリーン車。鹿児島旅行には新幹線「さくら」「みずほ」が快適でオススメ!


これまでにこのブログでご紹介してきた鹿児島の情報をまとめました!
【随時更新】大阪ひとり旅のための情報まとめ(移動手段、食べ物、ホテル、お土産)
【随時更新】鹿児島ひとり旅のためのおすすめ情報(移動手段、食べ物、ホテル、お土産)