【リビング階段の寒さ対策】総額2000円のニトリのカーテンを使った寒さ対策(ファブリックパーティション)

f:id:gami_bookmark:20171127212227j:plain

我が家のリビングには階段があります。
いわゆるリビング階段のある家です。
詳しくはこのあとに書きますが、このリビング階段って、冬場、結構冷えるんですよね。
リビングはくつろぎの空間ですので寒くて震えるのはなんとかしたい。
そこでいろいろ調べた結果、階段にカーテンをしてみることに。 ちなみにアイテムはすべてニトリで揃えました。

このファブリックパーテーションを吹き抜けの階段の登り口に設置したところ、効果抜群でびっくりです。
今回はそんなリビング階段の寒さ対策についてご紹介します。

リビング階段にした理由とその寒さ

そもそもなんでリビング階段にしたかと言うと、 「子どもたちが必ずリビングを通って自分の部屋へ行くようになるのでなんとなく子供と触れ合う時間が増える」
と思ったからです。

学校から帰ってきて、一言しゃべってから自分の部屋に行くようになっているので目的通りではあります。
ただ、やはり冬は寒いのです。
f:id:gami_bookmark:20171127120434j:plain

リビング階段だけでなく、我が家のリビングは吹き抜けです。
我が家のリビングの吹き抜けに関してはこちらの記事で詳しく紹介していますのでごらんください。

その結果、明らかに階段から冷たい風が流れてくるんですよね。
暖房で温まった空気が2階に抜けて、階段を伝って寒い空気がリビングに流れるんです。
そりゃ寒いですよ。
ちょうど階段の折口にはテレビを見るのにベストスポットになっちゃってて…
これはなんとかしようと思い、やっと重い腰をあげました。

寒さ対策の階段にカーテン

そこでいろいろ調べた結果、階段にカーテンをかけることで冷気がリビングに入ってこないようにする方法を試すことにしました。
そんなので本当に効果があるか半信半疑でしたが、毎日の寒さには耐えれず、とにかくやってみることにしました。
ここでは選んだアイテムとその理由について紹介したいと思います。

長めのファブリック

まずはどんなファブリックを使ってカーテンにするかです。
最初は階段の入り口を塞ぐもので、どちらかというとのれんみたいなものを探しました。
ですがそれだと高さが全然足りません。

冷気は地面をはうように降りてくるので、足元を塞ぐ必要があるんです。
身長175センチのわたしが頭をかがめずに通れて、足元まで塞ぐためにはそこそこの長さが必要。
のれんにはないですね。

そこでニトリで見つけたのがファブリックパーテーションでした。
こういうやつ。

品名は「ファブリックパーテーション(ステーション 110X180) 」です。

名前のとおり、布のパーティションのようなものです。
これだと、高さが180センチありますので高さ的には大丈夫です。

柄もそこそこオシャレで、リビングに飾っても大丈夫かなぁと思います。
生地自体、かなりしっかりしたもので、風でゆらゆら揺れることもないので、まさに今回使うのには申し分なしです。
まずはカーテン自体はこれにしました。

しっかりした突っ張り棒

つぎにこのカーテンを吊るす棒です、いわゆる突っ張り棒ですね。
突っ張り棒なら100均にもあります。
でも、100均の突っ張り棒って、耐久性が低く、特に重たいカーテンなどをかけておくとすぐにだめになった記憶がありました。
そこそこ信頼できるものを使ったほうがいいかなぁと思い、こちらもニトリで手に入れることにしました。
商品名は「つっぱりポール」です。

サイズは我が家の階段の幅が90cmなので少し余裕をもたせて70cmー120cmを買いました。

こちらの突っ張り棒、なかなかタフです。 カーテンして、突っ張り棒をして1ヶ月くらいになりますが、まだ落ちたことはありません。
色が3色から選べるのもいいですね。
我が家では白を選びました。

カーテン風にするために

あとは布をカーテンのように開け閉めが楽にできるようにしたいです。
そのための部品がニトリには売っています。

このリングを突っ張り棒に通して使います。
リングには大きい穴の他に小さい穴もあり、この小さい穴をカーテンにくっつけるんです。
カーテンにくっつける方法は後ほどです。

このフックのサイズが難しくて、お店で確認するために出してもらいました。
以前は、「リングランナー大 10個入り(ダイ NT2 10コイリ)」という商品だったのですが、今は、「組み合わせるリングランナー」のみになっています。
サイズ的には突っ張りポールの直径が13.5mmでリングランナーの直径が40mmのようですのでこのリングランナーで大丈夫だと思います。

階段カーテンの設置

ということで、アイテムが揃いましたので設置します。
玄関の最下段の部分に突っ張り棒を突っ張ってカーテンをかけました。
こんな感じです。
f:id:gami_bookmark:20171127122103j:plain

見た目悪くないですよね?

我が家の場合、階段の最下段でやりましたが、突っ張るところがないならもう少し上の段でもいいかもですね。
そして、カーテンのようにするためにリングとカーテンはこんな感じでくっつけています。
f:id:gami_bookmark:20171127122133j:plain

裏側はこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20171127122205j:plain

このカーテンにくっついているリングと連結している白い部品はカーテンの付属品です。
この部品とリングを連結して使います。
思ったよりもスムーズにカーテンが動いたのでびっくりです。
快適です。

防寒効果はかなりあり

実際使ってみてですが、防寒効果はかなりありました。
階段からの冷気はかなりシャットアウトできてます。
カーテンが開いていると明らかに寒くて、開いていることがわかりますからね。
実際カーテンを横から見てみるとこんな感じで吹き込んでいるのがわかります。
f:id:gami_bookmark:20171127122233j:plain

カーテンをある程度重いものにしたのがよかったかもです。
レースカーテンみたいなものだと平気で風が流れてきそうです。

リビング階段の寒さ対策 まとめ

ということでこの記事ではニトリのアイテムを使ったリビング階段の防寒方法に関してご紹介しました。
こんなに効果があるならもっと前からやっておけばと後悔してます。
実際に今回かかったお金は2,000円弱です。
ぜひ、リビング階段の寒さでお困りの方はお試しください。

使ったものをまとめておきます。

まさにお値段以上の価値はあると思いますよw
なお、我が家のリビングでは、白いテレビを使っています。
吹き抜け同様、リビングを広く見せる効果があると思います。
こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひあわせてごらんください。

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

lifestyle

大阪ひとり旅(ガミタビへ)
自転車通勤

items

Made in Japan
土屋カバンの革小物
SLOW(スロウ)

新着記事