【白いテレビ】インテリアの雰囲気を壊さなのでシンプルな部屋にオススメ

f:id:gami_bookmark:20171030175820j:plain

テレビといえば昔から黒と決まっています。
ですが、我が家が今使っているテレビは白いテレビ。
これまでのわたしのテレビ人生(なんだそれ?)の中で今使っているテレビがはじめての白いテレビです。
使ってみていいところばかりなので今回ご紹介しようと思います。
特にインテリアをシンプルにしたい人にはオススメですよ。

我が家が「白いテレビ」にした理由

まずは我が家が白いテレビにした理由です。
一番の理由は、

見た目がかわいいからです。

長女と嫁が白いテレビを見て譲りませんでしたww
そもそも、テレビの性能(画質とか)にはそんなにこだわりがなく、外付けのハードディスクに録画できればいいやと思ってたレベルです。
ですので、価格やデザインが決め手になります。

同じ価格帯には各種メーカーから同じようなテレビたくさんありますし、デザイン的にもそんなに違いはありません。 これといった決定打がなくなやんでいたところに白いテレビの登場。
どうせ買うならかわいい白いテレビがいい!となったわけです。

はじめはわたしは白いテレビ反対派でした。
多分汚れるし、日焼けもしたら嫌だなぁと思っていたのです。
でも、人生に一回くらい白いテレビ使ってもいいかなぁと思い、決めました。

f:id:gami_bookmark:20171030175407j:plain

我が家のテレビはAQUOS LC-32W25-WというAQUOSのテレビです。
もう、現時点(2019/08時点)では廃盤になっていますので同じものはてにはいりません。
ですが、各メーカーから少ないですが白いテレビは出ています。
この記事の最後にまとめていますので、そちらを御覧ください。

白いテレビのいいところ

白いテレビにして4年くらいたちましたが、いいところばかりですね。
次買い換えるとしてもできれば、白いテレビがいいと思っています。
ということで、特にいいと思ったことをいくつかご紹介します。

白いテレビは白い壁に合う

これが一番の理由です。
白いフレームは白い壁に合います。
テレビってだいたい壁の前に置きますよね。
ですので、テレビを見ていると、自然と壁も目に入ります。
そんな時に、白いテレビのほうがテレビのフレームは気になりません。

もちろん我が家もリビングの白い壁の前にテレビを置いています。
f:id:gami_bookmark:20171030175652j:plain

白い壁紙のお部屋にはピッタリだと思います。

白いテレビはやさしい印象

我が家のリビングは白い壁に木目調の家具を置いている一般的なインテリアです。
その中に黒いテレビが入るとやはり主張が強くて…

せっかくリビングは優しい雰囲気にしようとしても黒いテレビのせいで無機質な印象になってしまいます…
でも白いテレビだと黒いテレビよりはやさしい雰囲気になりますよね。

白いテレビはちょっとだけ大きく見える

これは感覚の問題が大きいのですが、同じ大きさの黒いテレビとくらべて若干大きく感じます。
やはり、フレームの色が影響していると思うのですが、数字より大きく感じることが多いです。

よく、白いテレビは見にくいといったことが言われますがわたしは感じません。 写真では伝わりにくいですがこんな感じ…
f:id:gami_bookmark:20171030180224j:plain

どちらかというとちょっとだけ大きく見えて、しかもフレームが気にならず、見やすくなった印象です。
まぁ、このあたりは個人差がありますので量販店で確認してみてください。

白いテレビの気になる黄ばみ

ここまではいいところをご紹介しましたが、気になるところもご紹介しておきます。
「白いテレビ」というワードで検索すると「白いテレビ 黄ばみ」と検索されていることがわかります。
みなさんやはり黄ばみは気になりますよね。
わたしも気にしてました。
我が家の場合は2年ほど使いましたが、黄ばみは気になってません。

ただし、

  • テレビを配置しているところに日光が当たらない
  • 壁紙が真っ白ではなくほんのちょっとだけベージュが入った白である

ことが影響しているとも考えられます。
念のため直射日光は避けておいたほうがいいかもしれません。

今買える白いテレビ(2019/08/17時点)

現時点で買うことのできる白いテレビをまとめておきます。
店頭在庫で白いテレビを置いているところはあんまりないと思うので、ネットでの購入がメインになると思いますよ。

まずは小さいサイズから。
一番使い勝手のいいのが32インチくらいですよね。
32インチだとこのテレビが比較的手に入りやすそうです。

もう少し小さめだと、24インチのこちらです。
値段も下がって買いやすいですね。

そしてリビングで使うテレビを想定し、40インチ以上のもの。
今買えるのはMARSHALというメーカーのIRIE(イリー)ブランドのテレビです。
こちらのメーカーは東芝の基盤を使ってテレビを作っているようですので、品質的には大きな問題はなさそうですよ。

白いテレビってどんどんなくなってきてはいるみたいです。 ですが、2018年には新しいモデルも出たみたい。
少しですが需要はあるようですが、いつなくなるかわからないので、ほしい方は今のうちに手に入れておいたほうがいいと思います。

「白いテレビ」まとめ

ということで、今回は白いテレビについてでした。
テレビに対して、性能へのこだわりがそんなに強くないのであれば見た目で選んではどうでしょうか?
白いテレビだと、一般的な家庭のインテリアにはぴったりハマると思います。
今、テレビ選びで悩んでで決定打のない方もぜひご検討ください。
2019/08時点で買える白いテレビについて調べ直しましたが、年々ちょっとだけですが新製品も出されているようです。
人生に一回くらい白いテレビもいいですよ!

なお、録画のために用意することになる外付けのHDDもできれば白にしたほうがいいですよね。
我が家ではテレビに合わせて白い外付けHDDを使っています。

白い外付けHDDはいろんなメーカーから豊富に出ていますので、迷うことはないですね。
白いテレビと白い外付けHDDでリビングの印象、だいぶ変わると思いますよ。