【Logicool M336/M337 レビュー】コストパフォーマンスの高いBluetoothマウス(ロジクール)

f:id:gami_bookmark:20181013124834j:plain

最近タブレットPCを使い始めました。
タブレットPCのタッチ操作はやはり便利。
ですが。やっぱりマウスってあった方が作業は格段に早くなりますね。
特になにか資料を作ったり、動画編集したりするときにはマウスがないとちょっとしんどいです。

そこでタブレットと一緒に持ち運ぶことのできるマウスとして、ロジクール のBluetooth マウス M336を買いました。

f:id:gami_bookmark:20170725194457j:plain

マウスはもう何台もロジクールのマウスを使っていて一択状態。
他のメーカーのマウスを使っても結局ロジクールに戻ってくるんですよね。
わたしの回りの同僚もみなロジクールですww

ということで、今回はロジクール のBluetooth マウス M336のレビューをご紹介したいと思います。
このマウス、かなりコストパフォーマンスが高いです。

M336/M337 Bluetoothマウス

今回はBluetoothのマウスを選ぼうと思いました。
理由はタブレットPCはUSBのI/Fが少ない(というか1つ)なので、それを潰したくなかったからです。
LogicoolのHPを見るとBluetoothマウスはいくつかありますが、その中で気になったのがM337。

ポップで小さく、持ち運びも楽そうなのでこちらにしたいと思ったのですが、色がポップすぎて…
仕事でも使いますので、落ち着い色が欲しくて1つ前のモデルのM336というのがあり、こちらはシルバー系の配色が落ち着いてます。
これなら大丈夫ですね。

M336/M337 外観

では、まずは外観から。
マウスのデザインはこんな感じでマットで落ち着いてていいです。
f:id:gami_bookmark:20170725194628j:plain

つるつるしていないマットな質感で、指紋汚れとか気にならなさそうです。
肌触りもこのマットなゴムのような触感もあり、ここちいい。
汗をかいたときにも不快感が少ないと思います。

ちなみに黒いホイールは樹脂製です。
f:id:gami_bookmark:20170725194710j:plain

このあたりがお値段として安いラインのマウスだということが現れてますね。
上位機種だとホイールがアルミ削り出しのものがあったりします。
そのようなマウスは実売で1万円超えますし、モバイルには向いていませんね。

M336/M337 サイズ感と操作性

次はサイズ感についてです。
大きさはモバイルできるレベルで、私の手は小さめですがこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170725194809j:plain

少し小さいなぁと感じるレベルですが決して操作性が悪いわけではないです。
操作性を殺さない絶妙なサイズ感だと思います。
やはりセンターホイールがあると便利です。
特に、左右にも倒れて、ブラウザの「前ページ」へはかなり使います。

ホイールが静かに回のもいいですね。
カリカリ音が出るのは外で使うときに気になりますから。

「Logicool M336/M337 レビュー」まとめ

本記事は「【Logicool M336/M337 レビュー】コストパフォーマンスの高いBluetoothマウス(ロジクール)」について書きました。
Bluetoothのペアリングも簡単にでき、途切れることもなく使えています。
このあたりは信頼のLogicoolですね。

持ち運べるサイズ感使いやすい操作性のこのロジクール M336は持ち運びするマウスを探されている方におすすめできますよ。

なんと言っても価格も安いです。
実売2,000円ちょっとでこのクオリティなら後悔することはないと思います。

今回ご紹介したものを含む、わたしが旅行に持っていくガジェットをまとめてみました。
どれも旅行が快適になるものなのでおすすめですよ。

なお、このアイテムも含んだわたしがおすすめする仕事道具についてこちらにまとめました。
こちらも合わせて御覧ください。