【バギー(BAGGY)オックスフォードシャツ レビュー】スタンダードで風合いいい使い回せる白いボタンダウンシャツ(縮み注意)

f:id:gami_bookmark:20191124080829p:plain

白いオックスフォードシャツって本当に便利ですよね。
オフはもちろんですが、わたしが勤務している会社はドレスコードがゆるい会社ですので仕事の際にも白いオックスフォードのボタンダウンシャツを着ています。
デザインがシンプルですが、オンオフと着回しできますのでとくに旅行の歳には必ず1着は持っていくようにしています。
この記事ではわたしのお気に入りのオックスフォードシャツのひとつであるBAGGY (バギー)のオックスフォードシャツをご紹介します。

とてもベーシックなシャツですので素材感とか、シルエットとかでこだわりたいですね。
このバギーのオックスフォードの白シャツは素材感が抜群にいいです。
本当に良いシャツですので私は3着持ってます。
使い回せる良いシャツですので全力でおすすめします。

バギーについて

この記事で紹介するバギー(BAGGY)というブランドはブルックスブラザーズのボタンダウンシャツを作っていた工場にて作られているシャツです。
ブルックスブラザーズのボタンダウンシャツといえばアメトラ、アメカジ定番中の定番のアイテム。
品質にも定評のあるそんなシャツを作っていた工場で設立されたシャツ工房になります。

そのデザインは、古き良きアメリカのシャツで、無骨で男心をくすぐられるシャツを生産しています。 わたしは神保町にあるメインという有名なアメカジのセレクトショップでこのシャツのことを知りました。
f:id:gami_bookmark:20170410091219j:plain

神保町のMAINEはかなり有名なセレクトショップで、ここのお店の棚一面に今回ご紹介するバギーのオックスフォードシャツはあります。
店員さんと話しながらシャツを試着して選びました。

バギーのシャツの素材と形

特長としてはとにかくヘビーなオックスフォード生地を使っていることだと思います。
触るとわかりますが、かなりざらついている印象です。
あとはボックス型のシルエットですね。
最近、スリムなシルエットのシャツが多いですが、ここのシャツは昔ながらのボックス型です。
探しても最近なかなかないですよねえ。
とにかく、昔ながら質実剛健なシャツがこのバギーのシャツです。

バギーのオックスフォードシャツは大きめのサイズ感

私は身長175センチ、75キロのぽっちゃり体系です。
そんな私は試着してMサイズを買いました。
買った状態のシャツがこれです。
f:id:gami_bookmark:20170410091420j:plain

ボックス型のシルエットなのでMサイズでも十分に余裕があります。
同時にLサイズも試着したのですが、かなり大きく、着られている感覚がありました。
丈はお尻の半分くらいでちょうどいい感じです。

このタグがかっこいいですよね。
見る度に惚れ惚れしちゃいます。
f:id:gami_bookmark:20170410091624j:plain

襟元はこだわりの8センチ。
f:id:gami_bookmark:20170410091651j:plain

この長さが、タイドアップしてもノーネクタイでもキマル長さ。
確かに絶妙な長さで、襟がつぶれることはないです。

チノパンにタックインしても使えるので出張でデビューさせました。
ヘビーなオックスフォード生地が気持ちいいです。

バギーのオックスフォードシャツは縮みます…

購入時はボックスシルエットで余裕あったのですが洗濯したところ縮みました。
それも結構縮みます。
2回洗濯したのですが、おそらく5センチくらい縮んだと思います。
おかげで、丈はお尻が隠れないくらいになっちゃいました。
袖丈も結構短くて手首が出ちゃう感じ…
かなり気に入っていたので、がっかりです…

でも、今のところこのシャツより雰囲気のいいものに出会っていないのでLサイズを買いなおすことにしました。
また試せていないのですが、この白色だけが大きく縮むようです。
このあたりは買い足した際にテストしてみます。

バギーのオックスフォードシャツにはプルオーバータイプがあります

同じLサイズを買いなおすのもなんか悔しかったからちょっと違うタイプにしてみました。
f:id:gami_bookmark:20170410091732j:plain

プルオーバータイプのシャツです。

プルオーバーのオックスフォードシャツってなかなかないんですよね。
さすがにビジネスは厳しいですが、太目のパンツと合わせるとサイコーです。
やはりこれも縮みが発生して、最初はかなり大きかったのですが、私はLサイズで縮んで最終的にはいい感じのサイズになりました。

「バギーオックスフォードシャツ レビュー」まとめ

ということで、この記事では、BAGGY (バギー)のオックスフォードシャツのご紹介でした。

縮みがなければ最高のサイズ感だったこのシャツ。
わたしの体系に合わないだけで、サイズ合う人にはかなりおすすめなシャツです。
身長175cm、体重75kgのワタシでLサイズがちょうどいい感じです。
タイトなシャツが多いなか、こんだけボックススタイルが似合うシャツもないんじゃないでしょうか。
白色以外は縮みも少ないらしいので、今度は青のオックスフォードシャツを狙ってみようと思います。

なお、もう少し安いオックスフォードのボタンダウンシャツをお探しでしたら、グローバルワークのオックスフォードシャツがおすすめです。

お値段3,850円とかなり安いですが、そこそこしっかりした生地で雰囲気いいですよ。

詳しいレビューはグローバルワークのオックスフォードシャツの紹介の記事を御覧ください。

ジーンズに黒い革靴をあわせて

このオーソドックスな白いオックスフォードのシャツには、シンプルなコーディネートが似合います。
ジーンズはシンプルなものがいいですね。
わたしのおすすめのシンプルなジーンズは、フルカウントの1108です。
太すぎず、細すぎずのシルエットが抜群に使いやすいジーンズです。
色落ちもたのしめますので、詳しくは以下のレビュー記事を見てみてください。

そのときには足元もシンプルな靴にしたいところですので万能でオンオフ使える革靴がおすすめですよ。

旅にもっていきたい服

この記事で紹介した白いオックスフォードのシャツは使い回せますので旅行に持っていきたいですね。
そんな私がひとり旅にもっていくおすすめの洋服をおすすめの旅の服にまとめています。
こちらの記事も合わせて御覧ください。

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

大衆酒場

東京の酒場
大阪の酒場

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事