【鎌倉・湘南ひとり旅】時間がなくても満喫できる日帰りオススメコース

f:id:gami_bookmark:20191117101753p:plain

東京・横浜を中心にひとり旅を計画する際に、鎌倉・湘南をコースに入れてみてはどうでしょうか?
わたしは過去3度ほど、関東の旅程の中に鎌倉を入れました。
何度行っても飽きない魅力があると思います。
都心からも近いですし、横浜からだちょほんの30分。
そんな鎌倉・湘南エリアはぶらっと東京・横浜から日帰りで旅行するのにピッタリな場所ですよ。
1人で鎌倉・湘南、響きは寂しいですが、楽しめること間違いなし。
今回は1人でも楽しむことができる日帰り鎌倉観光のオススメコースをご紹介です。

鎌倉・湘南エリアについて

まずは鎌倉・湘南のエリアについてお話します。
鎌倉・湘南エリアといっても広く、人によってそのエリアの定義はだいぶ違いますよね。
今回この記事でご紹介するエリアはこんなエリアです。

f:id:gami_bookmark:20191117100447p:plain

西は江ノ島から、東は鎌倉駅のあるエリアまで。
このエリアは江ノ電が通っていて車がなくても比較的いろいろ回りやすいのでひとり旅にはおすすめです。

都内や横浜からは、湘南新宿ラインや、横須賀線で鎌倉駅まで行けます。
京浜東北線でも、大船駅で乗り換えれば行けます。
ものすごく都内や、横浜からのアクセスがいい場所です。

まずは江ノ島からスタート

私がオススメするルートは、一番奥から戻ってくるルートです。
その方が時間を有効に使える気がします。
ということで、今回は江ノ電、江ノ島駅をまずは目指します。
まずは鎌倉駅まで移動です。

f:id:gami_bookmark:20170120123548j:plain

都内からですと京浜東北線、東海道線、だと大船で乗り換え、横須賀線、湘南新宿ラインだと乗り換えなしで移動ですね。
ここから、江ノ電に乗ります。
この日は江ノ電に何回も乗り降りしますので、乗り放題チケットがいいでしょう。
その名も「のりおくん」です。

www.enoden.co.jp

このチケットを持ってとりあえず、江ノ島駅まで移動です。

江ノ島観光はほどほどに

江ノ電駅に到着です。
f:id:gami_bookmark:20170120123721j:plain

江ノ島渡りたいところですが、私は渡りませんでした。
やはり時間がもったいないかなぁと。
鎌倉は他にもみるところ、寄るところがたくさんあります。
ですので、江ノ島は外から眺めて
「あぁ、これが江ノ島かぁ。」
と思うくらいでいいと思います。
f:id:gami_bookmark:20170120123811j:plain

早い時間にしらす丼へ

とにかく、休日の鎌倉は人が多いです。
ですので、どこも込みますのでランチは大変。
早め早めにランチ先へ移動しましょう。

ただ、移動する際もこのエリアは町並みは楽しめます。
今回はしらす丼を食べるために江ノ島駅から腰越駅まで歩きました。
途中にいろいろ写真撮りながらいけますので楽しめますよ。
f:id:gami_bookmark:20170120123901j:plain

路地も素敵。
f:id:gami_bookmark:20170120124012j:plain

この地区(湘南地区)はしらすが有名ですので、しらす丼食べましょうね。
私がオススメなのはこちら,しらすやさんです。

f:id:gami_bookmark:20181123090634j:plain

かなり人気店ですので開店前に並んで、タイムロスを最小限にしてください。
本当に新鮮でおいしいですよ。

このお店に関してはこちらの記事に詳しく書いています。
こちらも合わせて御覧ください。

あの写真を撮りに鎌倉高校前へ

ご飯を食べた後は電車で1駅。
お隣の鎌倉高校前へ移動です。
f:id:gami_bookmark:20170120124119j:plain

ここは目の前が海の絶景の駅で、写真をとるのに持ってこいですね。
f:id:gami_bookmark:20170120124226j:plain

しかも駅からすぐの場所にこの光景。
f:id:gami_bookmark:20170120124328j:plain

あの有名なSLAM DUNK(スラムダンク)で出てくる交差点です。
この日も何人ものカメラを持った人が写真を撮ってました。

このエリアで一番有名な写真スポットです。
たくさん写真撮ってくださいね。

海にも降りてみる

このあたりは海に降りることもできます。
まぁ、お世辞にも鹿児島人の私からすると「キレイ」とは言えませんが、このあたりの海岸は雰囲気がありますよね。 f:id:gami_bookmark:20170120124439j:plain

絵になりますねぇ。
f:id:gami_bookmark:20170120124539j:plain

都会に疲れた体に海の匂いで癒されますね。
ぼちぼち折り返し地点です。

推し寺、極楽寺

鎌倉で寺社仏閣めぐりを目的で行く人はいいですが、日帰り観光となるとある程度絞らないといけません。
そこで私が推すお寺は極楽寺です。
極楽寺自体が素敵なお寺なんですが、駅も周りのお店も素敵なので極楽寺駅で下車することをオススメします。

極楽寺駅

江ノ電最強の駅だと思ってますww
f:id:gami_bookmark:20170120124700j:plain

見た目たまらないですよね。
この赤い丸ポスト、1号ポストっていうんですかね?、可愛すぎます。
f:id:gami_bookmark:20170120124816j:plain

ちょうど緑濃い季節に行ったので、緑と赤のコントラストが眩しかったです。
ここでもたくさん写真を撮ってしまいました。

極楽寺

いよいよお寺。
ここは写真撮影NGのお寺です。
ですので、外観だけ。
f:id:gami_bookmark:20170120124915j:plain

この門をくぐった時から完全に空気が変わりました。
これまで感じたことのない、荘厳で、神聖な空気を確かに感じることができました。
写真に撮って振り返りたいけどできない。
そういう場所があってもいいかもしれません。

最後は鶴岡八幡宮で

そして、江ノ電に乗って鎌倉駅に戻ります。
お土産通りである小町通りを通って鶴岡八幡宮を目指しましょう。
f:id:gami_bookmark:20170120125017j:plain

ここでお参りをして鎌倉観光は終了です。
f:id:gami_bookmark:20170120125107j:plain

なかなか楽しめたんじゃないでしょうか?
夜ご飯も鎌倉で食べて帰ってもいいですが、ちょっと高いような気がします。
せっかくなので戻りながら途中下車して食べて帰ってもいいですね。

ひとり旅にぴったりな場所

海があり、美味しいものがあり、寺社仏閣も多いこのエリア。
ひとり旅で行くのにピッタリな場所だと思います。
それぞれの季節でいろんな顔を見せてくれますので、何度行っても飽きないのがすごいところ。

旅行で行ってもフラッと行ける距離ですので鎌倉は旅行のプランに入れてみてください。

関東ひとり旅

おすすめのホテル

このエリアに行く際におすすめのホテルは横浜です。
横浜の、特に関内地区からは、JRを乗り継いで30分くらいでつきます。
また、安くて美味しいごはんを食べるところ、お酒を飲むところも多いのでオススメです。

そんな横浜のおすすめのホテルについてはこちらの記事にまとめています。
あわせて御覧ください。