【家造り】吹き抜けリビングのメリットとデメリット

f:id:gami_bookmark:20200402091202j:plain

数年前にマイホームを建てたました。
鹿児島の家としては(かなり)狭いながらも満足のいく家造りができたと思っています。
そんな我が家でこだわったのが吹き抜けです。
いろんな事情で吹き抜けにしたのですが、住んでみるといい点、悪い点ありますね。
そこでこの記事では私が住んで感じた吹き抜けのいい点、悪い点をご紹介したいと思います。
マイホームを建てる際に吹き抜けを検討されている方の参考になると嬉しいです。

吹き抜けにした理由

吹き抜けにする理由っていくつかあると思いますが、我が家の場合には、一番大きな理由は採光です。
鹿児島という田舎ですが、我が家の土地はかなり狭く、前の家との距離が近く、距離で2.5メートルくらい。
なので、冬場は1階に光が届かないことが想定されました。
そこで、リビングを吹き抜けにして光を取り入れるようにしたのです。

そこで南側の壁をこんな感じで吹き抜けにして、大き目の窓を付けました。
f:id:gami_bookmark:20170114084046j:plain

ちなみにガラスは視線を気にして透けていないものにしました。

という、現実的な理由のほかにもやはり、憧れは大きかったと思います。
吹き抜けのある家っていいですよね。
昔からあこがれてました。
どうせ注文住宅で家を建てるならぜひ吹き抜けをと思っていたところです。

吹き抜けのメリット

ということでここからは実際に吹き抜けに住んでみてどうなの?という話です。
総じて満足してます。
メリットを感じたポイントをご紹介します。

採光

採光に関しては予定通り、かなりよくなりました。
冬場は1Fの窓から直接光が入ってこない時間が3時間くらいあります。
その時間、吹き抜けからの光でリビングを明るくしてくれます。
リビングなかったらかなり暗かったんじゃないかなぁ…
これはほんとよかった。
f:id:gami_bookmark:20170114084632j:plain

せまい土地に家を建てる方は吹き抜け検討してもいいんじゃないですか?

解放感

吹き抜けにするともちろん天井が高くなりますよね。
その結果得られる解放感はかなりあります。
我が家のリビングから上を見るとこんな感じ。
f:id:gami_bookmark:20170114084649j:plain

かなり解放感があります。
土地も狭けりゃ、家も狭い我が家。
純粋なリビング部分は8畳くらいですのでこの解放感がないと窮屈だったと思います。

子供の声が聞こえる

これは住んでみてわかったのですが、子供部屋の声聞こえます。
子供の気配を感じることができます。
これって、なんかいいですね。
ご飯の時にも下から声かければ普通に聞こえますし。
各部屋に壁がない風通しのいい部屋になりますね。

悪い点、デメリット

悪い点もやっぱりありますね。
住んでみる前からある程度わかっていましたが、再確認しましたww

風が通り過ぎる

風が循環して、階段から冷たい風が1Fに吹き込むので冬はとにかく寒いです。
我が家は吹き抜けでリビング階段なので、リビングに冷たい風が入ってきます。
階段の前は特に寒いですよ。
そこで階段にカーテンをつけて対策しています。
これが効果バツグンでした。
こちらの記事で紹介していますのでご覧ください。

寒いことが最大のデメリットではありますが、この対策でOKです。

クーラー、暖房がききづらい

もう一点は住んでみて感じたことです。
1Fで暖房かけるとあったかい空気が2Fに行って1Fはききづらい…
でも2Fがあったまるという副作用はありましたww
おかげで、子供部屋は入口のドアを開けておけば夜、暖房を使わなくても暖かい!
これってメリットかもしれません。

我が家くらいの広さですとサーキュレーターで空気を回すとクーラー、暖房の空気は十分循環します。
サーキュレーターを階段下、もしくは2階の階段の上り切ったところにおいて空気を循環させてます。
に夏は冷たい風が回ってくるのが体感できますよ。
安いんでぜひおすすめです。

我が家は狭いので、サーキュレーターでOKですが、大きい家、リビングの場合はもっと空気を回さないといけません。
そういう家はちゃんとシーリングファンを付けましょう。

掃除が大変

照明とか、窓の枠とか、掃除がとにかく大変です。
私はハウスメーカーの担当から掃除するときに業務用のはしごを借りて掃除してます。
あんな大きなはしご持っておきたくないですからね。
普段見えないので掃除をさぼりがちになるのもデメリットといえばデメリットですね。

「吹き抜けリビングのメリット・デメリット」まとめ

ということで、この記事では吹き抜けリビングのメリットとデメリットをご紹介しました。
我が家は狭い家なので、デメリットもそんなに大きくなく、おおむね満足してます。
というか、吹き抜けにしてないと窮屈だったということを考えるとやっててよかったと思っています。
吹き抜けで得られる解放感はなかなか他で得ることはできないと思います。
迷われている方はぜひ吹き抜けリビングにチャレンジしてみてください。

ちなみに、我が家ではリビングのテレビは白いテレビにしています。
これも開放感、広さを演出したくて選びました。
白いテレビの効果や、おすすめのテレビについてこちらの記事で紹介していますのであわせてごらんください。

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事