議事録やメモをとるのに最高のツール。OneNoteは万人にオススメできます。

f:id:gami_bookmark:20171009123940j:plain

社会人ならまずはみんなやらないといけない仕事が会議での議事録作成です。
新入社員から中堅社員まで議事録を作らない社会人はいないんじゃないでしょうか?
そんなときに皆さんはどんなツール使っていますか?
ノートに手書きでしょうか?それともPCでテキストエディタでしょうか?

私が扱う情報は基本的に電子化して最終的にはPCに情報は集めるようにしています。
そのため、メモの類も可能であればすべてPCに入力するようにしています。
そんな私がPCでメモに使っているのがMicrosoftのOneNoteです。

Office365の導入が進んでいる会社では当たり前なアプリですが、そうでない会社の方はあまりなじみがないと思います。
このアプリがかなり便利なので、この記事ではは勝手にOneNoteアンバサダーとして、OneNoteの良さをご紹介したいと思います。

ちなみにOne Noteは無料のMicrosoftアカウントがあればダウンロードして使うことができますよ。

 

 

OneNoteとは

OneNoteはMicrosoftのOffice製品の1つです。こんなアイコンのアプリ。

f:id:gami_bookmark:20171009124111p:plain

 

Microsoft OneNote | デバイスに対応したデジタル ノート作成アプリ

 

デジタルノート作成アプリということで、まさにメモにはもってこいのアプリなのです。
最近はOffice365にも統合されており、会社でOffice365を使われている方は目にしたことがあるのではないでしょうか?
手書きもできたり、絵や写真を自由に貼れたり、と普通のテキストエディタよりもより、ビジュアルなノートを作成できる機能がついています。

OneDrive経由でクラウドに保存することもできます。
この機能に関しては、仕事では情報セキュリティの問題もあり、なかなか利用することはできないかもしれませんが、強烈な機能。
Office365のOneNoteであれば勝手にクラウド上に(Office365上に)保存され、共同で作業することができるようになります。 

OneNoteの議事録での活用

私はこのアプリを議事録とか、メモをとる際に利用しています。
どんな感じかというとこんな感じです。

f:id:gami_bookmark:20161124141857p:plain

OneNoteにはノートブックという考え方があります。
上の図ですと赤枠の「提案&営業」「プロジェクトA」がそれにあたります。
このノートブックを1つのプロジェクトとして考えてます。
その下にセクションという考え方があります。
上の図ですと赤枠のプロジェクトにぶら下がっている「議事」とか「メモ」になります。
プロジェクトごとに議事や、メモを階層を持って管理できるのが便利です。

そしてこのセクションの下にノートを作るイメージです。
上の図ですと青枠になります。
このノートが1文書になっていて、1議事録であったり、1メモになったりしています。

今、あなたのPCにはプロジェクト名がフォルダになっていて、その下に「議事録.txt」もしくは「無題.txt」が溢れていることはないですか?
OneNoteにするとそんな状況にはなりません。

また、議事録の保存忘れとか経験ないですか?
議事録を作ったあとに保存し忘れて、消えてしまったことないですか?
OneNoteには保存の概念がないです。書けば勝手に保存してくれています。
これもなにげに便利な機能ですよね。 

OneNoteの検索性の高さ

もう一つ便利な機能は全文検索ですね。
OneNoteの中の文書を全文検索してくれます。
検索するとほぼリアルタイムにこんな感じで結果が出てきます。

f:id:gami_bookmark:20161124143501p:plain

しかも最新の文書から優先度を上げて結果を表示してくれます。
これ、ものすごい便利ですよ。
人の名前や、場所、プロジェクトのキーワードなどで探している文書をすぐに探すことができます。

手書きとの相性

テキストエディタとしてだけでなく手書きでのメモも保存できるのはちょっとしたメモや絵を書きたいときに便利です。
手書きツールで絵を書くとこんな感じです。

f:id:gami_bookmark:20200408151109p:plain

タブレットとの相性がよくて、特にペンの機能がかなり高いSurface Proとの親和性が高いです。
ちなみに私のメインのPCもSurface Pro 6 です。

 

Microsoft Surface Pro6 の詳細レビューはこちら

 

 

 

OneNoteはメモ用途に最高のテキストエディタ

OneNoteは保存しなくても勝手に保存してくれて、画像や写真も貼れて手書き入力ができて高い検索性で検索も容易です。

開発以外の分野では、最高のテキストエディタだと信じてます! 

たくさんの機能がついているアプリなので、他にもいろんな使い方ができると思います。
とくに仕事では複数のメンバーと一緒に作業することが多く、OneDriveと連携すればもっと使いやすくなると思うので、そのあたり、継続的に使い方を模索していきたいです。

また、個人のMicrosoftアカウント(Hotmailのアドレスなど)を持たれている人であればそのアカウントを使って利用することも可能です。
スマフォ用のアプリもありますので、Microsoftアカウントでログインして使えば、スマフォでメモしたものをパソコンで見たり、もちろんその逆もできます。
外出先で思いついたことをメモして使ったり、家で買い物リストを作ってお店で確認したりと便利に利用することができます。

とにかく、なにかをメモするにはもってこいのアプリですので万人にオススメできます!

在宅勤務での活用

最近在宅勤務が増えてきました。
遠隔でチームのメンバーとアイデアや議事録を共有するのにもOne Noteは便利です。
テレビ会議で会議の前に資料などをOneNoteに貼り付けておいて一緒に見ながら会議をすすめるとスムーズに進みますよ。
ちなみに、テレビ会議のシステムはOneNoteと同じMicrosoftのSkypeとTeamsを使っています。
テレビ会議に関してはこちらの記事でちょっとしたコミュニケーションのコツを紹介していますのであわせて見てみてください。

 

 

なお、わたしの仕事道具についてこちらの記事にまとめています。
合わせてごらんください。

 

 

 

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

BLUE NOTE入門
おすすめサンバジャズ
おすすめの音楽情報は → おすすめの音楽・紹介したい音楽

coffee

東京純喫茶
大阪純喫茶
東京カフェ
大阪カフェ

items

Made in Japan
自転車通勤

新着記事