自転車乗りのためのバッグMission Workshopのバックパックをタイプ別に説明

f:id:gami_bookmark:20170925114253j:plain

 

 

 

自転車に乗るとき用のカバンをずっと探していました。

自転車に乗るので機能的で丈夫なのはもちろん、見た目にもこだわりたい。

で、やっと「コレ!」というものに出会えました。

そのカバンがこの記事でご紹介するMission Workshop(ミッションワークショップ)というブランドのバックパックです。

シンプルだけど存在感があって、人となるべく被りたくない人にはかなりおすすめできるカバンだと思います。

 

 

Mission Workshopとは

Mission Workshop(ミッションワークショップ)は、サンフランシスコにあるカバンのメーカーで、あのChromeのデザイナーが独立して作ったそうです。

 

f:id:gami_bookmark:20200228145647j:plain

 

Chromeといえば自転車乗りのためのメッセンジャーバッグで有名です。

ベルトの着脱が車のシートベルトのバックルのような部品で片手でできるため、メッセンジャーに人気のバッグです。

 

そのChromeよりも、よりシンプルに、より無駄を削ぎ落としたデザインで、機能にこだわって作られたのがMission Workshopのバッグです。

サンフランシスコにあるミッション地区を拠点に、材料の仕入れから製造までをアメリカ国内のみで行っている、近年では数少ないMade In USAブランドになります。

もちろんChrome同様、基本的に自転車乗りのために作られているバッグを作っているメーカーです。

 

現在は、バッグ以外にもアパレルも展開している同社ですが、もともとはバッグメーカー。

防水などは基本性能になり、機能の部分で自転車乗りに有利な機能を持ったバッグを作っています。

 

 

 

Mission Workshopのバッグの種類

Mission Workshopのバッグにはバッグパックメッセンジャーバッグがあります。

Chrome同様、メッセンジャーをターゲットにしたカバンとなっており、メッセンジャーバッグはシンプルでかなりカッコいいです。

f:id:gami_bookmark:20200228152457j:plain

 

ただし、私は自転車通勤ではバックパック派です。

メッセンジャーバッグを使っていた時期もあるのですが、荷物のバランスが悪かったり、片方の肩に負担がかかって肩こりがひどくなったりという理由で、バックパックを使うようになりました。

 

そこでバックパックを見ると種類がいくつもあって悩みます。

  • ARKIV
  • THE RAMBLER
  • THE VANDAL
  • THE FRACTION
  • THE SUNCTION
  • THE FITZROY
  • THE RHAKE

といいながら、名前は6種類ありながらもバックパックの形でいうと4種類です。

大きさによって名前が変わるみたいですね。

で、その4種類がこちらになります。

ARKIV

Arkivはモジュラーシステムというカバンの部品(モジュール)を組み合わせて自分好みのカバンを作れるようです。

こちらの映像がわかりやすいですね。


The Arkiv® Modular Bag System

こちらは、一つ一つのモジュールが薄くて、着替えが入らない可能性があると思い、見送りました。

ただ、カスタマイズできるのはかなり魅力的で、大きい荷物を持ち歩かない人や、普段の通勤などで使いたいモデルです。

 

THE RAMBLER/THE VANDAL

こちらは1本のベルトでフラップを止めるタイプのバックパックです。

最大の特徴は荷室が拡張でき、容量を大きく拡大できることですね。

こちらも映像がわかりやすいです。


Rolltop Backpack - The Vandal by Mission Workshop

こんな映像のシチュエーションはそうそうないでしょうけど、このギミックは面白いですね。

私は、拡張云々より、もとから着替え一式を持っていく必要があるので、これも見送りました。

カモフラとか、他ブランドとのコラボなどはこのモデルが一番多いので、売れ筋ではあると思います。

ビームスモデルのTHE RUMBLERもあります。

 

THE FLUCTION/THE SUNCTION/THE FITZROY

そして、最終的に私が選んだのがこちらの種類のバックパックになります。

2本のベルトでフラップを締めることができるタイプです。

こちらもまたまた映像がありますので、ご覧ください。


Fitzroy Rucksack as used by Bicycle Coffee Co.

こんな感じでコーヒーを運ぶコーヒーショップはかっこよすぎます。

というか、Mission Workshopは映像でのブランディングが上手ですね。

商品を売るというよりも、使い方まで含めて売っている感じがします。

 

こちらは3モデル名ありますが、それぞれ容量が

14L、20L、40L

となります。

更にこのバッグは映像にもある通り、フラップの閉め方で容量を拡張できますので、もう少し入れることができます。

これが頼もしいですね。

The Fitzroyが40Lの最大サイズのリュックになります。

 

THE RHAKE

こちらが一番新しいモデルです。

形としては上で紹介したTHE FIZROYなどと同じような形のバックパックです。

詳しくはこちらの映像を御覧ください。

 

 

いろんなポケットがついており、かなり便利そう。

荷物が多い方にはおすすめできるバッグです。

 

 

 

 

用途に合わせた選択を

ということでこの記事ではMission Workshopのリュックについてご紹介しました。

4種類のバッグに数種類の容量が用意されてますので、用途にあわせて選ぶことができます。

私は自転車通勤なので外に大きなポケットがマジックテープでついているモデルを選びました。

また、着替え一式を持ち運ぶため、一番大きな容量のモデルであるTHE FIZROYがいいと思いますよ。

それは以下の記事でご紹介します。

 

なお、私が自転車通勤と街乗りに使っている自転車はキャノンデールのバッドボーイという自転車です。

この自転車はシンプルであきのこない質実剛健ないい自転車です。

詳しい紹介はのこちらの記事を御覧ください。

 

PICK UP

初心者向けオーディオセット
オンオフ使える革靴

music

lifestyle

大阪ひとり旅(ガミタビへ)
自転車通勤

items

Made in Japan
土屋カバンの革小物
SLOW(スロウ)

新着記事